Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「特捜的人質司法」が招いたゴーン被告の逃亡 10時間以上インタビューした郷原さん、新著で指摘

配信

47NEWS

 前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(66)=金融商品取引法違反、会社法違反の罪で起訴=が昨年末、レバノンへ逃亡する前後、10時間以上にわたりインタビューした弁護士の郷原信郎さん(65)が15日、新著「『深層』カルロス・ゴーンとの対話―起訴されれば99%超が有罪になる国で」(小学館)を刊行する。同書でゴーン被告は会社法違反の裁判開始が検察側の事情で2021年か22年に延び、接見禁止の妻子とそれまで会えず「大きな失望」と「完全な不公平」を感じて出国したと語っている。郷原さんは十分な証拠がないまま逮捕、起訴し、その後の証拠収集などで時間を費やして裁判が長期化する「特捜的人質司法」が逃亡を招いたと指摘している。(共同通信編集委員=竹田昌弘)  ■別室へ行くと「検察です。同行してください」   ゴーン被告は18年11月19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕され、12月10日に起訴されるとともに、会計年度の異なる同じ容疑で再逮捕された。同20日、東京地裁が勾留延長を認めない決定をすると、特捜部は翌21日、会社法違反(特別背任)の疑いでまた逮捕し、昨年1月11日に追起訴した。ゴーン被告が3月6日に保釈され、4月3日に同11日の記者会見を開くと表明したところ、特捜部は翌4日、別の特別背任容疑で4回目の逮捕、同22日に追起訴した。再び保釈されたゴーン被告は12月29日、関西空港から出国し、同31日に「レバノンにいる」と声明を発表した。東京地検は入管難民法違反の疑いでゴーン被告の逮捕状を取っている。

  郷原さんは元東京地検特捜部検事で「検察崩壊―失われた正義」(毎日新聞出版)や「青年市長は〝司法の闇〟と闘った―美濃加茂市長事件における驚愕(きょうがく)の展開」(KADOKAWA)などの著書がある。ゴーン被告には、個人的な交流がある元参院議員の犬塚直史さん(65)を介し、再び保釈された後にインタビューを申し入れた。インタビューは昨年11月から計5回続き、国内最後は出国2日前の昨年12月27日だった。その後、レバノンにいるゴーン被告からテレビ電話で数回話を聞き、一連の事件と日産での「ゴーン会長追放劇」の深層、日本の刑事司法を巡る構造的問題を明らかにするため、本にまとめたという。   同書によると、ゴーン被告はまず、18年11月19日の自身の任意同行について、次のように話している(同書からの引用は要旨)。   プライベートジェット機に乗って午後4時頃に羽田空港に到着し、ターミナルで入国審査を受けた際、係官が「パスポートに異常がある」と言って、私は近くの部屋に連れて行かれた。そこで(特捜部の)関善貴検事から「検察です。質問があります。同行してください」と告げられた。「娘が出口で待っている。電話をかけたい」と言ったが「もう電話は使えません」と言われた。車に乗せられ、左右に人が座った。カーテンで外は見えなかった。 

【関連記事】

最終更新:
47NEWS