Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レギュラーは5年のみ…故障で泣かされた「巨人の天才打者」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

50番トリオで切磋琢磨

 常勝軍団として歴史を刻んできた巨人は言うまでもなく、多くの名選手が誕生してきた。川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、原辰徳、松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助……いずれも主軸として長年活躍してきた大打者だが、上記の選手たちとひけを取らない天才打者がいた。ただ、その輝いた時間は短い。レギュラーで活躍したのは5年間のみでプロ通算964安打。1980年代中盤に主力打者として活躍した吉村禎章だ。 「巨人を変える」と言われた“天才”吉村禎章の悲劇と再生  奈良県出身の吉村はPL学園高に進学すると、西川佳明、若井基安(南海)らとともに高3春のセンバツで同校初の全国制覇に貢献。82年ドラフト3位で巨人に入団すると、高卒2年目に84試合出場し、規定打席に到達しなかったが打率.326のハイアベレージをマークした。駒田徳広、槙原寛己と背番号にちなんで「50番トリオ」と称される若手の成長株だった。 「3人でレコーディングをしたり、CMに出演させていただいたり(笑)。レギュラー陣の中で、近い年齢なのは原(辰徳)さんでしたが、すでに雲の上の存在。ですので、この2人が一軍では良きライバルという形で、意識し合って、切磋琢磨して毎日を過ごしていた記憶があります。ただ、一軍で過ごす日が増えていくと、お互いの活躍が素直にうれしかったですし、連帯感みたいなものが生まれていましたね」  吉村は天才的な打撃センスに加え、並外れた練習量でメキメキ力をつけていく。翌84年に右翼手の定位置をつかみ、115試合出場で打率.342、13本塁打。85年に初の規定打席に到達し、打率.328、16本塁打で「首位打者は時間の問題」と評されていた。惜しくも阪神・バースに及ばなかったが出塁率.428をマーク。87年には打率.322、30本塁打、86打点と長打力も磨き、球界屈指の強打者になった。当時まだ24歳。明るい未来が約束されているはずだった。  ところが、大きなアクシデントで野球人生が変わる。88年7月6日の中日戦(円山球場)。3回に通算100号本塁打を放ってメモリアルゲームとなるはずだった。ところが、8回に左翼手の守備で中尾孝義が放った飛球を捕球した際、この回から中堅の守備に入った栄村忠広と激突。左ヒザの4本の靭帯のうち3本が完全に断裂する大ケガを負った。この試合は9対1と巨人が大差をつけ、7回に吉村の前の打者で攻撃が終わっている。吉村まで打順が回っていたら8回の守備から交代する予定だったという。

【関連記事】