Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「腰痛改善ヨガ」で疲れが溜まった腰周りをリフレッシュ!【おうちでヨガレッスン#6】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
kufura

kufura

ヨガを中心とした様々なライフスタイル改善プログラムを提案する『コンセプトスタジオveda』とkufuraがコラボして、初心者でも自宅で手軽にできるヨガレッスンを紹介する連載企画。自宅で過ごす時間が増えた“新しい日常”の中で、「おうちヨガ」で体も心も整えてみませんか? 今回は、テレワークなど在宅仕事で座りっぱなしでいると負担がかかりやすい「腰」をリフレッシュするヨガプログラムを教えてもらいました。5分程度で行えるので、仕事や家事の合間に行って、スッキリしましょう!

ヨガは自分の心と体と向き合い、心地よく行うことが大切。

教えてくれるのは、「ハタヨガ」という種類のヨガを体得されている『コンセプトスタジオveda』の若松由貴子さん。ご自身も2児の母として、育児に家事に仕事に忙しく奮闘する若松さんが、kufuraのためにオリジナルの「腰痛改善ヨガ」を考えてくれました。 「体の痛みは心の痛みへとつながり、私たちの生活全体に響いていきます。腰痛が気になる人は少しでも改善できるよう、今の自分の呼吸や体の状態を繊細に感じながら、心地よい範囲で今回のヨガを行ってみてください」(以下「」内、若松さん) 動画を流しながら、若松さんの動きと声に合わせて、一緒にヨガを体験できるようになっているので、仕事の合間や就寝前など、自分と向き合う時間を作り、心も体もリラックスして早速行ってみましょう。

ヨガ1:腰回し「カッティブリッダ」で腰周りをほぐす。

今回の「腰痛改善ヨガ」は、全部で3つのポーズを行います。若松さんがゆっくりと導いてくれるので、無理のない心地よい範囲で行ってください。 「まずは腰回し『カッティブリッダ』から始めます。両足を腰幅に開いてまっすぐに立ち、腰に両手を当て、骨盤全体を円を描くようなイメージでゆっくり回していきます。上半身と下半身をつなぐ骨盤を優しく動かして、腰周りをほぐす準備をしましょう」 こちらのポーズは、腰周りの硬くなっている筋肉をゆったりとほぐしてくれます。

ヨガ2:猫のポーズ「マールジャーラ」で背骨をゆるめる。

「次は猫のポーズ『マールジャーラ』で背骨の柔軟性を高めます。このポーズは四つんばいになり、自分の呼吸に合わせて、猫のように背中を丸めたり、反らしたりします。背骨は骨盤とつながっている、体の中心にある要の部分。背骨を柔軟に動かすことで、腰痛改善へと導きます」 こちらのポーズは、腰痛改善に加え、背骨の柔軟性の向上や神経伝達をスムーズにし、自律神経の調整にもつながります。

【関連記事】

最終更新:
kufura