Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SKE48須田亜香里の映画初主演作「打姫オバカミーコ」に“師匠”萩原聖人「僕らはオマケ。彼女は愛されるキャラを十分に演じてくれた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 人気アイドル、SKE48の須田亜香里が映画初主演となった「打姫オバカミーコ」。同名の人気麻雀漫画の実写版で、駆け出しの女流プロ雀士である主人公・丘葉未唯子(ミーコ)が、元王者のトッププロ・波溜晴に弟子入りし、ドタバタしながらも成長していくストーリーだ。明るく素直で前向きなミーコを演じたのが須田。波溜を演じたのは俳優でもありプロ雀士の萩原聖人だ。須田と萩原は、作品の中だけでなく、実際にも演技・麻雀の師弟関係。弟子と共演した萩原に作品の印象を聞くと「僕らはオマケ。彼女は愛されるキャラを十分に演じてくれた」と満点を出していた。 【動画】萩原聖人、2019シーズンハイライト  麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」をきっかけに、芝居よりも麻雀で先に師弟となった須田と萩原。漫画家・片山まさゆき氏による人気作の実写化という話に、萩原が須田をミーコ役に推薦し、萩原も共演者として出演することになった。もともと演技経験の少ない須田に、俳優歴33年の萩原。現場で萩原は、須田からの質問攻めにあったという。 萩原  須田さんは、本当にミーコにぴったりでした。映像を見てもらえればわかるのですが、この作品は彼女で成り立っているんですよ。ミーコが魅力的でかわいいから。僕らははっきり言って、オマケです(笑)この作品の肝は彼女が愛されるかどうか。そういう意味では、十分に愛されるキャラを演じてくれたと思います。  彼女は一生懸命だし、「わからないです」と言わない子。僕なりに、このシーンはこういう方がおもしろいんじゃないか、こう動いてみたら、というアドバイスはしましたね。芝居での間のおもしろさとかは、僕のほうが長けているところが多少あるので、そういう部分はアドバイスをしましたが、気持ちの部分で彼女が全力でやっていたから、もうそれだけで成立するんですよ。

 今なおギャンブルのイメージも根強い中、人気アイドルが競技として麻雀と向き合う作品の主役を務めてくれることに、感謝しかないという萩原。ちなみに須田本人からは「お芝居を教えてくれる時は、麻雀の時より全然優しかったです!麻雀の時の方が怖いです(笑)」という証言が取れているが…。 萩原  え、そうですか?よく誤解されるんですよね。僕は日本一、麻雀を教えるのが優しいと思っています(笑)  芝居と麻雀で指導法が違うのも、アイドルと役者という、ちょっと不思議な師弟関係をうまく築き上げるポイントなのだろう。

【関連記事】