Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ナイキの“高速シューズ”から始まる「厚底ランニングシューズ」の最新事情と選び方

配信

GetNavi web

本来であれば“オリンピックイヤー”となるはずだった2020年は、ランニングシューズメーカー各社が、こぞって新モデルを発売。2021年に延期となったオリンピックに向け、熾烈なシェア争いが新たに繰り広げられようとしています。 この仁義なきシューズ戦争の背景にあるのが、ソールテクノロジーの進化です。業界を大きく揺るがした分厚いミッドソールは、マラソン界にどのような影響を与えてきたのでしょうか? 駅伝やマラソン大会で記録ラッシュを招いた、一足の厚底高速シューズがもたらしたイノベーション、そして最新ランニングシューズ事情について、スポーツライター の酒井政人さんに聞きました。

始まりは、長距離界の常識を覆した“魔法の靴”の登場だった

かつては、レース用で使うスピードタイプのシューズといえば、“軽くて薄い”のが当たり前でした。その常識が覆ったのが2017年。5月に開催されたフルマラソンで2時間切りを目指すナイキのプロジェクト「Breaking2」で、リオ五輪男子マラソン金メダリストのエリウド・キプチョゲ選手が2時間0分25秒でフィニッシュ。これは、世界記録(2時間2分57秒)を大きく上回る驚愕のタイムでした。 「非公認とはいえ、世界最速タイムを刻んだキプチョゲ選手をはじめ、『Breaking2』の挑戦者たちが履いていたシューズの最新テクノロジーを搭載したのが、2017年7月に発売された『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%』でした。レース用なのに最も厚い部分で4cmもある厚底シューズ。分厚いソールに使用されている素材は航空宇宙産業で用いられるもので、その中にはバネのような役割を果たすカーボンファイバー製のプレートが搭載されていました。以後、世界のメジャーレースをナイキの厚底シューズが席巻し、“トップランナー向けシューズは厚底”という新たな流れが加速しました」(スポーツライター・酒井政人さん、以下同)

3年弱で有力選手の多くが厚底シューズを履くように

2018年になると、厚底トレンドはますます色濃くなっていったといいます。 「箱根駅伝では、厚底シューズを履いた東洋大学が、往路優勝を飾りました。僕の学生時代はアシックスとミズノが二強で、多くの選手がいずれかのシューズを履いていましたが、この年、箱根駅伝ランナーのシューズシェア率で初めてナイキがトップに立ったのです。世界の主要大会では厚底シューズを履いた選手が次々に結果を残し、履いていなかった選手からの関心を一気に高めました。厚底に履き替える選手も増えましたね。さらに、現在は日本記録保持者であり、日本人で初めてナイキの厚底シューズを履いた大迫傑選手や、歴代2位の記録を持つ設楽悠太選手の活躍により、厚底シューズは市民ランナーにも広がっていきました」 その後、あまりにも好記録が連発するため、世界陸連が設ける新規制でレースでの着用の可否が議論に。しかし、今年2月に発売された最新モデル「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」は、「複数のプレートを靴底に内蔵してはならない」「靴底の厚さは40mmまで」という世界陸連の新規定をクリアし、五輪での着用が可能となりました。 「東京オリンピックは2021年になりましたが、まだアルファフライを履いて公式レースを走っている選手は少ないですから、今後も記録は伸びるのではないかと思っています」