Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東海 14日は広い範囲で非常に激しい雨 土砂災害警戒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tenki.jp

東海地方では、13日夜から次第に雨脚が強まり、14日は広い範囲で非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに厳重に警戒してください。

14日の日中、活発な前線が東海地方を南下

梅雨前線は、13日夜から14日朝にかけて一旦日本海側まで北上したあと、14日の日中は再び南下し、東海地方を通過していく見込みです。前線の南側には暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるため、雷を伴った非常に激しい雨の降る所があるでしょう。 この梅雨前線の位置や動きは、岐阜県や長野県に大雨特別警報が発表された8日とよく似ています。このため、14日も同じような地域で線状降水帯のような発達した雨雲が発生して、大雨となる可能性があります。

雨のピークは14日午前中 非常に激しい雨が降る所も

山陰沖には発達した帯状の雨雲があり、東へ進んでいます。この雨雲が接近・通過する影響で、東海地方では13日夜は次第に雨脚が強まり、14日は午前中を中心に、雷や突風を伴って非常に激しい雨の降る所があるでしょう。 先週降った雨でまだ地盤が緩んでいるため、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあり、夜間に警報や避難に関する情報が発表される可能性もあります。暗闇に加えて強い雨が降る中、屋外で行動することは危険を伴います。日が沈む前の明るいうちに、できる限り早めに命や家財を守る行動をとるようにしてください。

日本気象協会 中部支社 小林 英臣

【関連記事】