Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新人編集者が、スイスの古豪【FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)】の実機を見せてもらいました!【前編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

 先日、280年以上の歴史を有するスイス時計ブランド、“FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)”の新作モデル、レイダー・シーバードのレザーベルトタイプを紹介しました。  同ブランドのコンセプトは、ずばり“レトロフューチャーデザイン”と“実用時計”。レトロフューチャーデザインとは、1960年代から80年代の時計デザインをモチーフにした時計を指します。当時は宇宙開発競争のなかで、未来志向のプロダクトが数多く生み出されました。  そして同ブランドでは“高い視認性を誇る形状の針”、“大きな四角形のインデックス”、“クッションケース”、そして“14角形の風防リング”の四つのディテールを、レトロフューチャーデザインとしています。  また、時計好きであれば周知のとおりですが、ビバーク9000やハープーンなどは、時計業界で様々な世界初を打ち出したブランドの誇る伝説的な実用時計です。ちなみに、1988~90年までは、スイスの古豪ブランドとして、“パネルクイズアタック25”のトップ景品だった歴史もあります。  そんな同ブランドの時計を、編集部・松本がまだ見たことがないということで、先日実機を8本見せてもらいました。そこで、前編ではブランドの主力モデル、後編ではあの特撮ヒーローたちが着用しているモデルなど、前後編にわたり大ボリュームで紹介していきます。

FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)

レイダー・ビバーク9000  1962年に発表され、高度計と気圧計の機能を有するアネロイド気圧計を搭載した世界初の高度計搭載の腕時計、“ビバーク”のデザインやコンセプトを引き継いだ“レイダー・ビバーク9000”。  初代ビバークより大幅にスペックアップがなされ、世界初である機械式時計による海抜9000メートル(地上最高峰のエベレストよりも高い高度)の測定を実現しました。  赤い針が高度計になっており、1周で3000m、3周すると9000mとなります。また、高度は3時位置のサブダイアルでも確認が出来ます。ケースサイド9時側にある空気の浸透膜が空気を取り込み、時計内部のカプセルが気圧を感知し、高度を測定する仕組みになります。  見させてもらったのはベゼル、文字盤ともにグレーで統一されたモデルで、ブラックで統一されたビバーク9000もあります。ケース径は48mmと大振りなため、私の手首にのせるとオーバーしてしまいました。ですがケースには軽量なチタン素材を使用しているので、重厚感のある見た目ですが、思った以上に軽く、着け心地がよかったです。 ■Ref.00.10105.06.45.45。TI(48mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal. FL311)。93万5000円(時計本体)。1万7280円(RECCO(レコ)ストラップ)

【関連記事】