Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドネシア、イスラム過激派壊滅作戦を延長 民間人を誤認殺害との報道も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

一般市民に危険をもたらすテロ組織を掃討するはずの国家警察が、市民を殺害していた──

インドネシア国家警察は、スラウェシ島中スラウェシ州ポソを中心とした地域で継続中のイスラム過激派「東部インドネシアのムジャヒディン(MIT)」に対する壊滅作戦の期間をさらに3カ月延長し、重要手配中のメンバー14人の拘束に全力を挙げる方針を明らかにした。【大塚智彦】 [動画] 誤認殺害について会見する州警察長官 インドネシア政府は現在感染拡大が一向に収まらない新型コロナウイルスの防止策に全力を挙げているが、MITをはじめとするインドネシアの複数のテロ組織がコロナ禍による社会の混乱を利用してテロを起こす懸念があるとして、警戒監視を全国で強化している。 MITは「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」と並んで現在インドネシアで最も危険なテロ組織とされ、国家警察の対テロ特殊部隊「デンスス88」と陸軍の戦略予備軍などが共同でポソ周辺のMITメンバーの摘発を続けている。 治安当局は2020年1月1日からMIT殲滅を目指した「ティノンバラ作戦」を発動。3月31日の第1期終了時に再延長し6月29日まで継続してきたが、最重要容疑者として手配中のMITメンバー14人がいまだに拘束されていないことなどから、7月1日から9月30日までの3カ月間、3度目の延長で所期の目的達成を目指すことになった。 <創設メンバーの指導者殺害後も活動継続するMIT> MITは東南アジアのテロ組織「ジェマ・イスラミア(JI)」の創設者でもあるアブ・バカル・バシール師が2008年に創設した「唯一神擁護共同体(JAT)」から分派したサントソ容疑者(複数の殺人、誘拐容疑で氏名手配)によって2011年に新たに組織された。 その後2016年7月にサントソ容疑者が治安部隊との銃撃戦で射殺され、メンバーも20人以下になるなど組織の弱体化が伝えられた。 しかし新たな指導者としてアリ・カロラ容疑者(ポソ銀行襲撃事件などで指名手配)を中心に組織の再興を図っていると伝えられ、メンバーには同じイスラム教徒のウイグル人テロリストも合流しているとの情報もあり、30人前後が中核メンバーとして活動中とされている。 MITは3月27日ポソ近郊で救援物資輸送中の警察部隊を襲撃。4月8日には治安部隊のスパイ嫌疑があるという農民の斬首などに関与、同月15日にはポソ市内の銀行で警備中の警察官を襲撃、同月19日にはポソ近郊での農民殺害と、スラウェシ州でのテロ活動を活発化させている。

【関連記事】