Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】帝京を振り切り、駒澤大高が2年ぶりの全国へ

配信

高校サッカードットコム

間も無く令和2年度シーズンが開幕。東京五輪世代が高校時代活躍を魅せた過去の熱戦をプレイバック。 【フォトギャラリー】帝京 vs 駒澤大学高等学校 【2018.11.17 第97回全国高校サッカー選手権東京予選 Bブロック決勝 帝京 vs 駒澤大学高等学校】  11月17日、快晴の中、第97回全国高校サッカー選手権東京予選のBブロック決勝が行われ、駒澤大学高等学校がFW羽鳥陽祐とCB齋藤我空主将のゴールにより帝京を2-1で下し2年ぶり4回目となる全国行きの切符を手にした。  帝京のフォーメーションは1-4-2-3-1。対する駒澤大学高等学校は1-4-4-2の布陣。立ち上がりからペースを掴んだのはロングボールと激しいプレッシングで圧力をかける駒澤大学高等学校。前半7分、右SB山田英生のロングスローからゴール前の混戦をFW羽鳥陽祐が頭で押し込んで先制点を挙げる。さらに、畳みかける駒澤大学高等学校は同26分には右足でCB齋藤我空が決めリードを2点に広げ前半を折り返す。  後半に入ると2点を追いかける帝京は前線の選手が流動的にポジションを変えることでボールが動くようになる。対する2点をリードする駒澤大学高等学校はロングボールを起点に展開していく。  まずはなんとか1点を返したい王座復権を目指す帝京は60分、敵陣PAやや外側でボールを奪い返したFW佐々木大貴が右足シュートを右隅に決めて1点差とする。1点を返し勢いを増す帝京はパスを動かして相手陣内に押し込む展開となる。帝京は同点を目指し、サイドからのクロスなどでチャンスを作るものの、駒澤大学高等学校に幾度となく跳ね返されゴールならず。後半アディショナルタイムにも猛攻をみせ最後まで勝利への執念を持って帝京だったがあと一歩及ばず。2014、2015年度大会で2年連続全国8強入りした駒澤大学高等学校が縋る帝京を振り切り2年ぶりの全国大会出場を決めた。

【関連記事】