Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雑誌付録で運命の出会い⁈流行りコスメやスキンケアを楽しむ主婦たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

年々豪華になっていく雑誌付録。昔は明らかに雑誌用に作られたようなロゴが入っていたり、薄い生地で大人女性が使用するには少々チープな印象を受けるものが大半でした。 しかし、最近はそのクオリティも上がってきており、発売前から予約できないほどの人気なものもでています。 ファッション系雑誌がポーチやエコバッグなどを中心にしている一方、「コスメ系雑誌の付録が見逃せない」とアラサー・アラフォー主婦たちの間で話題になっています。いったいどのような点が注目を集めているのでしょうか。

限られた美容費をうまく活用したい!

株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミーがおこなった調査「15~69歳男女の美容意識と美容行動」によると「美容に使う一カ月当たりの費用」(サロン利用や化粧品代)は、20代女性は平均7593円、30代女性は平均6204円、40代女性は平均5928円となりました。 女性の美容費はアイシャドウやリップといったメイク系だけにかかるわけではなく、肌質を整えるためのスキンケア費用だったり髪形を美しく保つための美容院代、ネイルサロン代と美容代はいくらっても多すぎるということはありません。そのため「節約できるところはお得に節約したい」というのが女性たちの本音かもしれません。そんな時に役立つのがこの「付録コスメ」だといいます。 「100円ショップのプチプラコスメを試したこともあったのですが、発色が派手すぎたり『若い子向けだな』なんて思うこともありました。そんな時に出会ったのが付録のパレット。大体シャドウとハイライト、グロスやチークに使えるようなカラーが入っているんですよね。かわいいなと思って購入してびっくり。 ものも悪くないし、チップなども想像していたよりしっかりしていました。それと、量がちょうどいい。正規品のアイシャドウなんていつも使いきれていないし、何年も前のものを使うのも衛生的ではない感じがして、数千円かけてパレットを買うのはもったいないと思っていたので、ワンシーズで使いきれるサイズ感がピッタリ。余るコスメにかけていたお金が他の美容代に使えるようになったのも節約になっている気がして満足度が高いです」

【関連記事】

最終更新:
LIMO