Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボルボ 2022年「レベル4」自動運転開始! 驚きの新技術とは? 国内の動向は?? 

配信

ベストカーWeb

    世界的なコロナ禍で、やや熱気を失ったようにみえる自動運転の世界。日本初のレベル3車両として夏に登場予定だったホンダ・レジェンドも「年内になんとか(八郷社長)」とトーンダウンしてしまい、リース販売に限定するという説まで登場している。 【画像ギャラリー】未来に向け着々とスタンバイ中…!!? ボルボの国内全ラインナップをギャラリーでチェック!!!!    そんななか、ひさびさにワクワクする話題が飛び込んできた。  「安全の巨人ボルボ」が「2022年に、一定条件下の高速道路で完全自動運転が可能な新型車を発売する」とアナウンスしたのだ。  ※本稿は2020年6月のものです 文:ベストカー編集部 初出:『ベストカー』 2020年7月10日号

■一足飛びに「レベル4」へ!! 飛躍するボルボの戦略

    筆者が胸躍らせるには理由がある。ボルボはかねてから「クルマとドライバーのテイクオーバー(引継ぎ)が複雑なレベル3をスキップし、直接レベル4を目指す」とアナウンスしてきた。   つまり今回の発表は、世界初のレベル4対応車両の市販予告というわけだ。   発表によればボルボは2022年に、2014年以来90系や60系に使ってきた大型車向けプラットフォームSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を第2世代に進化させる、としており、完全自動運転はこの新世代モデルで実現するという。   モデルチェンジのタイミングから考えると、2014年に発表された現行XC90の次期モデルこそが第1号車だと、筆者は予想する。

■自動運転の未来を担う5万円のLiDAR

    完全自動運転の実現にあたり、ボルボはアメリカのLiDAR開発ベンチャー「ルミナー」との提携も発表した。   ルミナー社は、これまで数十万~数百万円が相場だったLiDARの価格破壊に成功した立役者で、同社がボルボに提供する「アイリス」という最新モデルは、1台の価格がたったの500ドル(約5万円)と言われているのだ。   安かろう悪かろうではない。一般的なLiDARはレーザー光に905nmという波長を使っているが、この波長は人間の網膜を傷つけるため、出力を上げることができない。   ルミナー社はインジウムガリウムヒ素という素材を使うことで網膜に優しい1550nmという波長の使用を可能にし、結果、出力アップに成功した。   その性能は光の95%を吸収するきわめて暗い物質を250m先から見分けられるという高性能っぷりなのだ。   レベル4自動運転には制度面が追いついていないため、当初はレベル3でのスタートとなるかもしれないが、ボルボは無線通信によるアップデートを実現するという。こいつは期待したい! 

【関連記事】