Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハーレーチューニングデバイス「FP3」のベストセッティングは正規取扱店で【HSC】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

ハーレーの燃調をスマホでチューニングできることで注目を集める「フューエルバックFP3」だが、スマホを使わないと作業できないためプロでも時間がかかり、ベストなセッティングを出すこと自体も難しかった。だが、FP3正規取扱店に対しPC操作が可能な「フューエルパックプロ」が導入され、高精度なチューニングを施せるようになった。 〈関連写真×10枚〉ハーレーチューニングデバイス「FP3」のベストセッティングは正規取扱店で【HSC】

ベストを求めるのならプロフェッショナルによる高度なチューニングが必須

「以前までFP3のセッティングは、僕らプロでもスマホを使わないとできなかったため多大な時間がかかり、またベストなセッティングを出すこと自体も難しかったのですが、2019年末よりFP3正規取扱店にはパソコンでセッティングできる『フューエルパックプロ』という専用端末が導入されたことで、CANBUS(キャンバス)仕様のワイヤースロットル車に限られますが、高精度なチューニングを施せるようになりました」 静岡県のハーレー専門店・HSC代表の佐々木綱柄氏がこう教えてくれたのは、バンス&ハインズ社の「フューエルパックFP3」について。スマホ専用アプリで、ハーレーの燃調を簡単にチューニングできるデバイスとして注目を集めているが、ベストを求めるのならやはりプロフェッショナルによる高度なチューニングは避けられないのが現実だという。 〈写真01〉【FUELPAK FP3|VANCE&HINES】一般用はスマホを使って設定するが、FP3正規取扱店であるHSCにはパソコンでセッティングできる専用端末「フューエルパックプロ」が導入された。 FP3の機能は、ユーザーがアプリ上でガイダンスに従って、愛車の機種名やマフラー(バンス&ハインズのほか数社が選べ、選択メニューにない場合はオートチューンで対応可能)を選ぶと、吸排気の組み合わせに合わせたマップがダウンロードでき、接続したEFI車のECM(純正コンピュータ)データを書き換えられるというもの。 アプリは日本語対応で、ベースデータをもとに、オートチューンによってさらならチューニングも可能。アイドリングを800回転まで落とすことができるなど、専門知識がなくとも誰にでも簡単と人気となっている。 しかし、HSCには「オートチューンしたがギクシャクして乗りづらく、ベースデータでとりあえず乗っているが、やはりプロに見てもらいたい」という声が多く寄せられているという。佐々木さんによると、こうだ。 「FP3のベースデータは、アメリカで走ることを前提としているのでしょう。3000回転以上の燃料を多くしているセッティングです。確かに高回転域の燃料を増やせばエンジンの保護には繋がりますが、日本国内での常用域である1500~3000回転の燃料量はノーマルとそれほど大きな差がなく、おそらく乗ったときのフィーリングも違いがあまり感じられないのではないかと思います」 もちろん、自分で手軽にセッティングができるFP3の魅力は大きい。しかし、しっかりとチューニングするなら膨大な時間がかかってしまい、FP3正規店で導入される『フューエルパックプロ』を用いたセッティングがオススメというわけだ。 〈写真02~04〉シャーシダイナモチューニングで定評のある同店では、さまざまなチューニングデバイスの性能を日々検証し、ユーザーたちの吸排気セッティングにフィードバックしている。

【関連記事】