Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【西野七瀬】夏休みに映画館で見た映画を語る!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

七瀬のななせるふ。「ピュア」

お肌や体を気づかい始めて、混じり気のないものに惹かれるようになりました。 【西野七瀬のななせるふ。】テレビでは見られない七瀬 連載フォトギャラリー

頭&体フル回転で遊ぶ時の私は子どもみたいです(笑)

“ピュア“と聞いてまず思い浮かぶのは、疑うことを知らない純粋な人。そういう意味では、何事も考えすぎちゃうくらい慎重派で、疑い深い私は当てはまらないのかな(笑)。 普段から周りの状況をよく見ているタイプで、ドッキリをしかけられても違和感を察知して気づいてしまいそう……。 そんな私が子どもみたいに夢中になれるのは、全身を思い切り動かす時間! 脱出ゲームで頭と体をフル回転させて謎解きに挑んでいる時は、まさにそう(笑)。 動くことが好きだから、ドラマの撮影などでもアクション要素のあるシーンになると、ワクワクするんですよね。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』でも、私の演じる相原くるみが走っている途中で人とぶつかるシーンがあって、全力で臨みました!  今年の夏は、映画館でスタジオジブリの旧作4本がリバイバル上映されるという、うれしいイベントが。 「劇場で過去のジブリ作品が鑑賞できるなんて、貴重な機会になるだろうから絶対に見たい!」と思って、仕事の合間をぬって『風の谷のナウシカ』と『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』を見に行きました。 本当は『ゲド戦記』も見たかったんですけど、時間が合わなくて……。ジブリ作品の登場人物は、「私もこんなふうに生きられたら」って思うような魅力的なキャラクターばかり。 一番好きな『もののけ姫』は、大きなスクリーンにタイトルが映し出されただけで感情がじわっと込み上げてきて、途中からは大号泣。終演後、家に帰った途端に「もう一回映画館で見たい!」って思ったくらい感動が大きかったです。 毎年映画館でやってほしいな。そしたら毎年見に行きます!

トップス¥30200(ミンジュキム)・スカート¥67000(プッシュ ボタン)/ル・シャルム・ドゥ・フィーフィー・エ・ファーファー モデル/西野七瀬 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/ミク 取材・原文/吉川由希子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル

【関連記事】