Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

暴力団組長、拳銃自殺か 広島・呉の集合住宅

配信

中国新聞デジタル

 12日午前10時10分ごろ、呉市本通1丁目の集合住宅の一室で、住人の男性(70)が頭から血を流して倒れているのを、訪ねてきた親族が発見し110番した。男性の近くに拳銃が落ちていた。 【写真】男性の遺体が見つかった現場周辺を調べる広島県警の警察官  関係者によると、男性は指定暴力団共政会系の組長で、死後数日が経過していたという。呉署は争った形跡がないことなどから、自殺の可能性もあるとみて調べる。  現場はJR呉駅から南東約700メートルの住宅街。周辺は一時規制線が張られ、物々しい雰囲気に包まれた。

中国新聞社

【関連記事】