Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新人R&Bシンガー、ムスタファがジェイムス・ブレイクとのライヴ映像「Come Back」を公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 カナダ・トロント出身のイスラム教徒で、ザ・ウィークエンドやカミラ・カベロなどへの歌詞の提供でも知られる若干23歳のR&Bシンガー、ムスタファ(Mustafa)が新曲「Come Back」のジェイムス・ブレイクとのライヴ映像を公開しています。この新曲は2年前に銃撃を受けて21歳の若さで亡くなったトロント在住のラッパー、スモーク・ドーグへの鎮魂歌です。  この曲についてムスタファは「俺が若い頃に抱えていた精神的な重荷から解放してくれて、若くして亡くなった友人たちの物語を歌うことを手助けしてくれているジェイムス・ブレイクに本当に感謝している」とコメントしています。  詩人として活動し、ドレイクがその才能を絶賛したことで注目されていたムスタファですが、増加する銃犯罪によって友人が次々に命を落としたことや、トロントの貧困層の間で蔓延する問題を人々により知ってもらうため、音楽家としてのキャリアをスタートさせました。亡くなった友人たちと生まれ育ったホームタウンに捧ぐデビュー・シングル「Stay Alive」を3月にリリース。同曲はトラヴィス・スコットやドレイクらのプロデュースを手掛け、〈グラミー賞〉にもノミネートされたフランク・ドゥークスとジェイムス・ブレイクがプロデューサーを務めています。