Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小池都知事「即動くような状況」緊急事態宣言を示唆

配信

日刊スポーツ

東京都の小池百合子知事は31日の会見で、新型コロナウイルスの感染者が都内で新たに463人確認されたと発表した。前日30日の367人から一気に96人増加し、2日連続で過去最多を更新した。 【写真】口紅をつけていないことを記者から指摘され、思わず笑う小池百合子知事(5月29日) 東京都では7月に入って感染者が急増。1カ月で計6466人にのぼった。7月の間で1日の新規感染者が100人以下は、1日(67人)、8日(75人)だけ。1カ月でこれまでの累計1万2691人の半数に達した。 都の深刻な状況に、小池氏は「状況がさらに悪化すると、都独自の緊急事態宣言を発することも考えざるを得なくなる」と指摘。現状を「一刻の猶予も許されない」としたが、仮に緊急事態宣言を出しても、前回の体制とは異なり、業種、地域などはピンポイントで行う。「全部の経済を止めるというのは、『ウィズコロナの時代』にはちょっと(これまでとは)違ってきている」と、話した。 都内の感染者が2日連続で最多を更新する事態に、小池氏は都民に、不要不急の外出などを控えるよう改めて要請。「今年の8月は例年とは違う夏になるが、コロナ対策を緩めてはいけない」と述べたが、有効策が見いだせない中では「お願い」しかない苦しさをにじませた。8月に入ると、都知事選の公約に掲げた「東京版CDC(米疾病対策センター)」の10月創設に向けた準備も本格的に始まる。小池氏は「基本的には第二波に向けてということだったが、事態がどんどん前倒しになっている。即動いていただくような状況かなと思う」と述べた。【佐藤勝亮】

【関連記事】