Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍のオンライン就活。学生を集められる企業とできない企業を分けるモノは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルスの影響で、面接のオンライン化などネット活用が進む就職活動。企業説明会をYouTubeでライブ配信したり、中小企業でも就活生向けの動画配信に乗り出したりと、新しい動きが進んでいる。 【全画像をみる】コロナ禍のオンライン就活。学生を集められる企業とできない企業を分けるモノは? 学生を会場に集める従来の企業説明会や面接が大きく制限されているものの、コロナ禍でも優秀な学生を確保しようと、企業側はオンライン就活への対応に迫られている。

3月から連日の生配信

マイナビやリクナビなど、毎年数万人の就活生を動員してきた合同説明会が軒並み中止に追い込まれる中、就職情報サイトを運営するワンキャリアが実施したのはYouTubeでの会社説明の中継だ。 ワンキャリアは3月から、平日の午後6時に、企業の採用担当者を呼んだ「ワンキャリアLIVE」を連日放送した。 国内で新型コロナウイルスの感染者が増え始めたのが2月末。3月1日からの放送開始は、オンライン対応の先駆けとなり注目された。 参加企業は三井物産や三菱商事、日本航空(JAL)、ソニーなど人気就職先上位の企業を含む21社が名を連ねた。 「知名度が高い企業は、視聴回数も視聴時間も長かった。例えばJALはこれまでに視聴数3万2000回を超え、生放送時の平均視聴時間は約30分となりました。 学生からの質問はTwitterやYouTubeライブに投稿してもらいました。100件以上の質問が集まったこともあり、正直驚きました」 ワンキャリアのPRディレクター寺口浩大さんはそう振り返る。

「ただ配信するだけでは、届かない」

学生の救済策として急いだ企画だったが、ワンキャリアのYouTubeチャンネルの登録者はアカウント開設から2ヶ月で1万人を超えた。説明会ライブに参加を希望する企業も、想定以上に集まったという。 「一方的な説明をしても学生は見てくれない。司会はワンキャリアのメンバーが務め、番組ではできるだけ、学生が知りたいことを質問しました。 動画配信で学生を引き付けるためには、内容だけが重要ではない。例えば『風通しがいい』と言葉で説明するよりも、動画に登場する上司と部下が仲良く話していた方がよく伝わります。その点を理解せずに、ただ説明会を録画して配信するだけだと、学生には届かないと思います」(寺口さん) 一気に注目されたオンライン就活だが、「ただ録画を流す」のと「ライブに対応できる」の差はあまりに大きい。この変化に対応できるかどうかで、企業の採用力に大きく差がつくと、寺口さんは指摘する。 「新型コロナの影響で合同説明会がなくなり、特に知名度が低い企業では、ネットを活用しないと企業を知ってもらう機会がなくなった。 ただし、オンラインでの発信は、見るも去るも学生側に主導権があります。『ウェブ説明会はおもしろくない』という声も学生から聞きます。企業側は学生がどの程度、動画から離脱しているのか、また視聴時間やユーザー数を把握するなど、戦略的に発信していく必要があります」

【関連記事】