Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第163回芥川賞、直木賞の受賞作が発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

第163回芥川賞、直木賞の受賞作が発表されました。 15日、東京・築地で行われた芥川賞・直木賞の選考会。浅田次郎さんらが選考委員を務めました。 純文学短編作品に贈られる芥川賞を受賞したのは2作品。 高山羽根子さんの「首里の馬」は、沖縄を舞台に主人公と幻の馬との交流などを描いた物語です。 芥川賞受賞「首里の馬」高山羽根子さん「もう少し書いて大丈夫って思えることができたのは一番ほっとしました」 もうひとつは遠野遥さんの「破局」。母校の部活指導や恋愛、公務員試験に追われる大学生の姿を描いています そして、大衆文学作品に贈られる直木賞を受賞したのは、馳星周さんの「少年と犬」。東日本大震災で飼い主を失った一匹の犬が様々な人物との出会いや別れを繰り返す物語です。 7回目のノミネートで受賞となった馳さんは…。 「多分20年間小説家やってきたことの『ごくろうさん』ってこともあると思うので、これからも書ける限り書き続けていってそれで恩返ししたいかなと思っております」 贈呈式は、8月下旬に都内で行われる予定です。

【関連記事】