Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日、1年ぶりの1安打零封負け…巨人・菅野にまたも苦杯 7回には痛恨エラーで失点

配信

中日スポーツ

◇3日 巨人5ー0中日(東京ドーム)

 奮闘する中日の大野雄大投手をバットで援護できなかった。安打は、7回1死から放ったビシエドの二塁打のみ。昨年7月24日の広島戦(マツダ)でジョンソンにやられて以来となる1安打の零封負けとなった。  「悔いの残るゲームにしてしまった」。こう振り返ったのは村上打撃コーチだ。昨年は1勝3敗と苦しめられた菅野との今季初戦。試合では甘い球を仕留めきれなかったところもあり、「ボール球を振って助けてしまった。もちろん素晴らしい力のある投手だが、いろいろ考えて自分たちで難しくしてしまっている」と嘆いた。  痛い守りもあった。7回2死二塁で代打・石川の当たりはマウンド後方への飛球。京田とビシエドが捕りにいったが、最後は交錯…。ビシエドのミットからボールがこぼれ落ちる間に2点目を失った。「もちろんあんなのは捕ってあげないといけないところ。皆で捕りにいかないといけないし、声もそうだし、目を切ってもいけないし、あの2点目は完全に流れを悪くした」。与田監督は厳しく指摘した。  連勝は3でストップ。このカードは昨年、6連勝でシーズンを終えていたが、宿敵との今季初戦は黒星スタートとなった。

【関連記事】