Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

整形疑惑にW不倫、遺産相続。トリ・スペリングの波乱万丈な半生。【セレブの自叙伝vol.3】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

パパラッチのカメラに追われたり、“関係者”や“情報筋”に内情を暴露されたり、私生活を白日のもとに晒されることが常のセレブたち。そんな彼らが、知られざる過去を自ら本にしたためるとなれば、当然ながら驚きに満ちたエピソードが並び、大反響を呼ぶ。 2008年に出版した自伝『sTORI TELLING』が「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーになったトリ・スペリング。ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」のドナ役で知られる彼女は、TV界の大物プロデューサー、アーロン・スペリングの娘だ。出演作の大半は父の会社が製作するドラマで、「ビバヒル」もアーロン製作。当然ながら、父親が愛娘をコネ起用したと言われていた。 シーズンを重ねるごとにドナは主役級に昇格したが、ドラマ終了とともにトリの人気は低迷。本業よりも私生活のお騒がせで注目を浴びる存在となっていった。メディアを賑わせた数々のゴシップの真相を彼女の立場から綴った自伝は、整形疑惑、最初の結婚の失敗、母との確執についてなどについて触れている。 現夫のディーン・マクダーモットとは最初の結婚時に出会い、W不倫の末に離婚、2006年にディーンと再婚し、今では息子3人と娘2人という子だくさんママになった。2009年には子育てについて綴った著書『Mommywood』を発表。その後もパーティー・プラニングのハウツー本など全6冊を上梓している。

2015年にはTV番組の企画で嘘発見器にかけられ、「ビバヒル」撮影当時に恋人役を演じたブライアン・オースティン・グリーンと実際に交際していたことを告白。ブランドン役のジェイソン・プリーストリーとも「ひと夏だけの関係」を楽しんだことも暴露した。さらに遺産総額が推定2500万ドルとされた父親が、彼女に遺したのはわずか80万ドルという報道について「事実」と答えた。それでも浪費癖が抜けないらしく、金銭的にはいつも苦しい様子。今年になって、アメリカン・エキスプレスのカード未払い額が8万8000ドルに達し、夫ともども90万ドル近い連邦税も未納していると報じられた。 昨年には「ビバヒル」のリブート作「BH90210(原題)」が放送され、もちろんトリも出演した。「ビバヒル」キャストのその後を描くというドキュメンタリータッチのフィクションで、開き直ったような自虐モード全開の演技を披露しているが、ギャラの額は全盛期よりもかなり抑えめで、借金完済とはならないようだ。

【関連記事】