Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペイサーズのオラディポ、ウィザーズのビールは今季の第二幕へ参戦なるか?

配信

バスケットボールキング

「まだ決めてないんだ。いつか決めることになる。その日が来たら分かるだろう」とオラディポが胸の内を明かす

 NBAは7月31日(現地時間30日、日付は以下同)からフロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の「ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス」にて、22チームによるレギュラーシーズン8試合を行い、今季の第二幕をスタートする。  このレギュラーシーズン8試合は“シーディングゲーム”(順位決定戦)と称されており、参戦する22チームのうち、プレーオフ出場を決めているチームは各カンファレンスのシード順を争い、プレーオフ出場を目指すチームはどれだけ勝率を伸ばしてプレーオフへと進むことができるか、というもの。  新型コロナウイルスの感染リスクや自身、家族の健康面を配慮し、すでに複数の選手が第二幕の参戦を辞退しているのだが、なかには出場するかどうかを決めかねている選手もいるようだ。  イースト5位のインディアナ・ペイサーズでエースを務めるビクター・オラディポは、今年1月末に右膝の四頭筋腱断裂というケガから約1年ぶりに復帰。約1か月半をプレーしてシーズン中断となり、再びワークアウトをこなしているものの、7月2日に『ESPN』へ掲載された記事の中で、オラディポは現状についてこう明かしている。 「まだ(プレーするかどうか)決めてないんだ。いつか決めることになるということ。その日が来たら分かるだろう。チームメートたちとこの組織には感謝しているよ。彼らは俺がどう決断を下そうとサポートしてくれるからね。でもそれと同時に、俺はできる限り強い状態になることにフォーカスしている」。  今季のオラディポはここまで13試合(うち先発は10試合)に出場して平均25.9分13.8得点3.2リバウンド3.0アシスト。試合数を重ねていくうちに調子を上げていたエースは、中断直前となった3月11日のボストン・セルティックス戦でシーズンハイとなる27得点を奪取。  ロースターには今季オールスターに初選出されたドマンタス・サボニスや、マルコム・ブログドン、TJ・ウォーレン、マイルズ・ターナーといった選手たちがいるものの、オラディポが本来のパフォーマンスを取り戻すことができなければ、ペイサーズがプレーオフのファーストラウンドを突破することは厳しいというのが大方の予想。 「さっきも言ったように、俺はある日決断を下すだろう。すぐ決断できるといいね」と話すオラディポ。「期限は設けていない」と話しているものの、次週から始まるトレーニングキャンプ前には決断するのではないだろうか。

【関連記事】