Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈サク呑み酒場〉もう1本食べたくなる、大人の隠れ家で味わう串打ちのやきとん

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食べログマガジン

〈サク呑み酒場〉今夜どう? 軽~く、一杯。もう一杯。

イマドキの酒場事情がオモシロイ。居酒屋を現代解釈したネオ居酒屋にはじまり、進化系カフェに日本酒バー。どこも気の利いたツマミに、こだわりのドリンクが揃うのが共通点だ。ふらっと寄れるアフター5のパラダイスを、食べログマガジン編集部が厳選してお届け!

渋谷2丁目の裏手、通りを一本入ったところにひっそりと佇む「串打ち大地」。 渋谷駅から徒歩8分、渋谷区東の通りを一本入ったところに「串打ち大地」はある。2018年10月に、建て替えにより閉店した「やきとん大地」の兄弟店で、こちらも「やきとん大地」に負けず劣らずの隠れ家的な店だ。

店内はシックな造りでまさに大人の隠れ家。それでいて、店員たちは気さくで話しやすく、酒と食事、そして会話をゆったりと楽しめる空間だ。

豚の旨味と相乗効果をもたらす、てんこ盛りパクチー

国産のパクチーは食べやすく、レバーの脂との相性が抜群。「パクチーれば」480円。 最初につまみを頼み、各種のやきとんが焼きあがるのを待つのもよいが、苦手でないならば「パクチーれば」を頼んでみるのも手だ。

同店の仕入れ力がわかる質の高いレバーを、最高級の紀州備長炭で焼き上げ、その上からたっぷりとパクチーをかけた一品で、国産パクチーのきつすぎない爽やかな香りと味がレバーにマッチしている。パクチーがあまりにも豪快にかかっているので、肝心のレバーが見えないのはご愛敬だ。

レバーにのったみじん切りのパクチーソースと、パクチーペーストがおいしさを倍増させる。 レバーにはさらにもうひと仕事が施されており、特製オイルで和えたみじん切りのパクチーの茎やネギのソースがのっている。これに、パクチーの葉で隠れてしまっているが、パクチーの葉や茎のペーストをつけて頬張ると、レバーの脂との相乗効果で思わずニヤリとしてしまう。

国産のパクチーは特有のクセが強すぎないうえ、レバーの脂がそのクセを中和してくれるので、パクチーが「得意ではない」程度の人ならパクリと食べることができそうだ。むしろ、パクチーのおいしさに目覚めてしまうかもしれない。 しかし、これだけパクチーがかかっていると、当然、余ってしまう。それこそが、今回「パクチーれば」を最初に頼んだ狙いだ。残ったパクチーとペーストやタレを混ぜ、これをつまみに酒を飲みながら、次の料理を楽しむのだ。

【関連記事】