Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「三浦春馬さん」家族との“絶縁”を招いた両親の金銭トラブル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 早すぎる死によって、残された人々は戸惑うばかりだ。映画や新曲のMVを観れば、彼の演じる姿は変わらず我々の心を奪う。そこには、死を選ぶほど追い詰められた苦悩など、まったく読みとることができない。改めて思う。いったい彼に何が起きたのか。  ***

 ミュージックビデオ(MV)の再生回数は900万回を優に超え、投稿コメントは2万件以上という。  動画の中で、繊細な歌声と躍動感溢れるダンスを披露するのは、30歳で急逝した三浦春馬その人である。  彼の死から6日が経った7月24日、「ミュージックステーション 夏の3時間半SP」(テレビ朝日系)で、遺作となってしまったセカンドシングル「Night Diver」のMVが放映された。8月リリース予定の新曲で、本来は本人が番組に生出演する筈だったが、急遽MVを流しての対応となったのだ。MVはYouTubeでも配信され、多くの人々を惹きつけているというわけだが、注目されているのはこれだけではない。 「CMやドラマを通して彼を偲びたい、という声は日増しに高まっています」  と話すのは、大手スポーツ紙の芸能担当記者だ。 「自殺後、CMの放映は取り止めとなり、秋から始まる予定のTBS系火曜ドラマも、3話分の収録は終えていましたが、撮影中止になっています。三浦は、ヒロインの松岡茉優の相手役で準主役の扱いのため、代役を立てるかどうか局内でも意見がまとまっていない。一方で、ファンからはCM放映を続行して欲しい、ドラマも収録済みの分だけでいいから、彼の最後の雄姿をこの目で観たい、そんな要望が出ているのです」  最終回のないドラマが放映されるとなれば前代未聞の出来事だが、7月23日には彼の出演した映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が公開され、興行収入40億円突破が見込まれる勢い。今年4月に出版されたフォトブックも重版がかかるなど、彼の存在感は増すばかりなのである。

【この記事にも注目】

【関連記事】