Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初夏に大人の女性がやってはいけないNGコーデ

配信

All About

◆ここだけは気を付けたい! 大人向け初夏のNGコーデ

大人の女性が初夏に気を付けたい、NGコーデについてご紹介します。夏ファッションは重ね着がなくて快適ですよね。ですが同時に体温調整の面からあまりおすすめしないものや、見た目にルーズな印象を与えるものなど、夏ならではの避けたいポイントもいくつか存在します。ぜひチェックしてみてくださいね!

◆体温がこもりやすい素材は避けて

洋服を購入するときに、わざわざ素材のタグまでチェックしない、という人も多いかと思います。ですが、これからどんどん湿度も気温も高くなりますし、加えて今年の夏はマスクを着用する機会も多くなりそうですよね。洋服はなるべく体温のこもらない、通気性のいいものを選ぶようにすると快適に過ごせます。 特に避けたいのは、化学繊維が多くを占めているアイテムです。なかでもポリエステル100%のアイテムは「汚れにくくシワにもなりにくく丈夫だから」という理由で、夏のプチプラアイテムにも多く登場しています。 ですが実際に着てみると風を通さないので、コットンなどに比べるとぐっと暑く感じられるはず。熱が逃げにくいフルレングスのパンツや、首元がつまりぎみのブラウス、面積の大きな半袖ワンピースなどは特に暑いですし、汗もかきやすくなってしまうので、避けたほうが無難です。

◆ナチュラルなリネン素材もシワシワはNG

リネンは通気性がよく、吸湿性も高いので夏にぴったり。さらっとした肌触りは一度着るとやめられないですよね。ナチュラルさが魅力なので、シワがまたいい味を出してくれる素材でもあります。 ですが、あまりに大きなシワが寄っていたり、畳みジワなどが付いたままだと、途端に生活感が出てしまうので要注意! 自然に寄る細かなシワはOKですが、人の目に留まりやすい襟や、面積の大きい背中、シャツやスカート、パンツの本体や裾に大きなシワ、深いシワが刻まれていると、だらしない印象に見えてしまいます。 洋服を適当に扱うようなイメージを持たれてしまったり、せっかくリネン素材をたっぷりと使った涼し気なデザインも、シワがあることでそこばかり目立ってしまったり。シルエットが崩れてしまうのもマイナスです。 気になる箇所はアイロンを当てるのがベストですが、水がしたたるように濡れた状態のものを、シワを伸ばしてきちんと整えてから干すだけでも、ある程度は簡単にきれいになります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

【関連記事】