Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】サガンとその親衛隊が作戦決行するもステージ優勝には届かず「結局のところ、これが僕らにできる最高のことだったんだ」 /  第14ステージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

ボーラ・ハンスグローエが大胆に決行した作戦を、サンウェブが最後にぶち壊した。恐ろしいほどにスピードを上げたプロトンに、クレイジーながらクレバーなアタックを次々と放り込むと、とてつもないカオスを作り出した。そして最後に、セーアン・クラーウアナスンの鋭い一太刀。ラスト3kmをたったひとりで勢いよく駆け抜けると、日の当たる大通りで、生まれて初めてのグランツール勝利を手に入れた。4賞ジャージには一切の変動はなく、サム・ベネットはいまだ緑のジャージをしっかりと着込んでいる。

「クレイジーだよ!今朝目が覚めた時に、こんなことが自分の身に起こるなんて、考えもしなかった。でも1日中、脚の調子は良かった。チームがものすごい仕事をしてくれたおかげで、僕はこのタイミングを見出すことができた。そして飛び出した後は、ひたすら自分自身を信じ続けた」(クラーウアナスン)

ツール・ド・フランスに単純な「移動ステージ」などない。特に2020年大会に関してはこれが顕著だ。理由のひとつが、ご存知の通り、熾烈なマイヨ・ヴェール争いである!

「昨日のクレイジーなステージの後、今日は少しゆっくりできるかなと思っていたんだけど..全然そんなことはなかったね!最初から最後までとてつもなくハードなステージだった」(ログリッチ)

第14ステージの朝、首位サム・ベネットと2位ペーター・サガンのポイント差は66ptだった。決して「接戦」ではない。むしろかなりの大差である。第11ステージの降格+ポイント減点のせいで、サガンの8枚目のマイヨ・ヴェールは大きく遠のいた。ただ史上最強のキング・オブ・ポイント賞は、どうやらまるで諦めてはいない。前日の累計獲得標高4400mステージで1日中苦しみ、最下位でなんとか完走したベネットを叩くなら、そう、今しかない!

こうしてサガンとボーラ・ハンスグローエの仲間たちは、激しい1日へと走り出した。スタート直後から、力づくの作戦を次々と投下していく。

【関連記事】