Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オーテクNC完全ワイヤレス「ATH-ANC300TW」レビュー - 群を抜く安定感の高さに注目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マイナビニュース

2020年はアクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンの発表・発売ラッシュが続いています。オーディオテクニカも1月に米ラスベガスで発表した「ATH-ANC300TW」をいよいよ国内で発売しました。 【写真】Googleのスマートフォン「Pixel 4 XL」と組み合わせてATH-ANC300TWの音を聞いてみる 同社初のANC機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンがどんな製品なのか、実機を試しながら詳しく見ていきましょう。 オーディオテクニカ中核シリーズ「QUIETPOINT」の新顔 ATH-ANC300TWは、オーディオテクニカのQUIETPOINT(クワイエットポイント)シリーズに新しく加わった完全ワイヤレスイヤホン。5月29日に発売され、実売価格は25,000円前後(税別)です。QUIETPOINTのラインナップは、ヘッドホンの「ATH-ANC900BT」、ネックバンドスタイルのワイヤレスイヤホン「ATH-ANC400BT」を含めて3機種になりました。 同シリーズの共通点はノイズキャンセリング機能を搭載していることですが、他にもニュートラルなサウンド、機能美を追求したミニマリスティックなデザイン、最先端の機能を妥協せずに盛り込んだところなどが挙げられます。ATH-ANC300TWも、フラットバランスな音質と、音楽再生を邪魔しないナチュラルなNC効果が期待通りのイヤホンでした。 本体の設定はiOS/Android用アプリ「Audio-Technica | Connect(以下 Connectアプリ)」で行います。特にNC機能の消音効果と、外音取り込みのレベルをそれぞれ3段階で直感的に切り換えられて便利です。NC搭載イヤホンを初めて使う方にもなじみやすいでしょう。 充電ケースは片手で持てるコンパクトサイズなので、積極的に屋外に持ち出して使いたくなります。一見するとブラックのように見えて、光を当てると深いネイビーブルーが映えるカラーリングに個性がにじみ出ています。ビジネススタイルの着こなしにも違和感なくマッチするのではないでしょうか。 どんなジャンルの音楽にもマッチするサウンド 音質やNC機能の効果を深く掘り下げてみましょう。サウンドの要を担うのが5.8mm径のダイナミック型ドライバーです。標準的なサイズのドライバーですが、振動板を硬質化、動きを安定させるDLC(Diamond Like Carbon)コーティングを施し、音の描写力をブラッシュアップしています。低音の芯にも力強さを増す効果があります。 また、クアルコムが開発した音質重視のBluetoothオーディオコーデック、aptXに対応しています。今回はGoogleのスマートフォン「Pixel 4 XL」にaptXコーデックで接続して、Apple Musicの音源を再生してみました。 ボーカルの表情が繊細に、かつ丁寧に描き分けられます。声に力強さを感じさせながら、輪郭線はとても上品。余韻も肉厚でゆったりとした深みがあります。ピアノやアコースティックギターの音色には、濃厚なダークチョコレートのような甘みとふくよかさを感じました。 ダンスミュージックやロック、ポップスのアップテンポな楽曲を聴くと、ビートの安定感が際立っていることがわかります。リズムの粒だちは軽やかで、空間描写は広々としています。インパクトの効いたキレのある低音が深く沈み込む、鮮やかな立体感が出せるのもDLCコーティングを施した振動板を持つイヤホンならではの強みだと思います。iPhone 11 Proと組み合わせて聴いてみてもやはり鮮度が高く、エネルギッシュなサウンドを楽しませてくれました。 Connectアプリには再生機器とイヤホンを接続しているBluetoothオーディオコーデックが表示されます。端末が対応する範囲でaptX/AAC/SBCのコーデックを切り換えながら、それぞれの音を聴き比べて楽しめるところもオーディオテクニカのワイヤレスイヤホンの醍醐味です。 自然で疲れにくい消音感が魅力 ノイズキャンセリング機能は、ハウジングの外側とノズルの中に超小型のノイズキャンセリング専用マイクを配置し、ハイブリッド方式によって消音する機構を採用しています。 本体の小型化を図るため、小型のMEMSマイクを採用。独自開発のノイズフィルターを通して消音効果を最大限まで高め、騒音量の急激な変化に対してふらつかない、使い勝手の良いNC機能に仕上げています。 QUIETPOINTシリーズのほかの機種と同様に、消音効果の強さは「カフェ・オフィス」「通勤時」「飛行機の中」の3種類から選べる仕様としています。もっとも効果が強い「飛行機の中」に設定しても、消音レベルが強くなりすぎないところが好印象。ノイズキャンセリング効果は特定の音域に狙いを定めて消し込むのではなく、全帯域の消音感が均等に感じられるように調整されていて不自然さがなく、長時間使っていても疲れにくいところが特長です。 地下鉄の中などではむしろ、もう少し強くノイズを消しても良さそうに思う場面もありましたが、イヤーピースのサイズを換えてみたり、同梱されているCOMPLYフォームタイプのイヤーピースを装着してパッシブな消音効果のバランスを調整したりすることもできるので、不自由はないと思います。 外音取り込みはレベル調整可能、クイックヒアスルーも ヒアスルー機能はLow/Mid/Highの3段階から効果を選べます。屋外を歩きながら使う場面では常にHighでよいと感じました。在宅ワークの時など、静かな場所で時折人に話しかけられる可能性のある場所ではLow/Midに設定すると良いでしょう。 音楽再生中に本体左側のボタンをシングルクリックすると、音楽のボリュームを下げて、再びボタンをクリックするまで一時的にヒアスルー機能をオンにする「クイックヒアスルー機能」が利用できます。なお、左右イヤホンのボタンの機能割り当ては、ユーザーの利き手にあわせてアプリ上の「キーアサイン」ページで入れ替えることも可能です。 マイクの性能があまり良くないイヤホンだと、NCやヒアスルー機能に切り換えたときに不自然なマイクノイズが気になるものです。ATH-ANC300TWはマイクに由来するノイズをとてもよく抑えているイヤホンなので、静かな場所で音楽をかけずに、耳栓の代わりとして仕事や勉強の時にも使いやすいと思います。 ただし、音楽を聴いているときにNCやヒアスルー機能のレベルをアプリで切り換えると再生中の音楽がいったん途切れ、NC効果が切り替わるまで若干ギャップがある点が気になりました。一度設定を決めたらひんぱんに切り換えるものではないかもしれませんが、今後ソフトウェアアップデート等で改善されることを期待したいです。 通話音声もクリア、ビデオ会議で真価を発揮 通信の接続性能を駅のホームなど屋外で試してみると、iPhone 11 Proとの組み合わせではアンテナ感度そのものが良いためか、気になる音の途切れやノイズの混入はありませんでした。さらに、最新のソニーXperiaシリーズやシャープAQUOSスマートフォンなど、クアルコムの完全ワイヤレスイヤホンの接続性を高める技術「TrueWireless Stereo Plus(TWS+)」に対応する機器と組み合わせると、左右独立伝送により接続の安定度が高まるそうです。 通話時に音声をマイクで拾う際にノイズを低減するクアルコム cVcテクノロジーに対応したことで、ハンズフリー通話の音声も高い明瞭度が確保されます。このところ筆者もビデオ会議で取材をこなす機会が増えていますが、その際にいくつか試したマイク付きイヤホンの中でも、ATH-ANC300TWを使っている時の声はとても聞きやすいと通話相手にも好評でした。 ビデオ会議や友人・家族とのビデオ通話が長時間に及ぶときは、イヤホンのバッテリーのスタミナが気になります。ATH-ANC300TWのイヤホン単体の目安は約4.5時間としており、完全ワイヤレスイヤホンはケースに戻してチャージしながら使うことが大半なので、スタミナは十分と言えます。ただ最近はワイヤレスイヤホンを身に着けたまま、屋外で長時間PC作業に打ち込む人の姿を多く見かけるので、イヤホン単体のバッテリーライフはなるべく長い方が多くの人にとって選びやすくなると思います。 ATH-ANC300TWはシンプルで落ち着きのあるデザインと、バランスの良い使用感など、全体にオトナのビジネスマンを意識して開発された製品であることは間違いないでしょう。NC機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンの中でも、群を抜いて安定感の高いモデルだと思います。 音質だけを比べると、オーディオテクニカのラインナップの中にもHi-Fi志向の「ATH-CKR7TW」や、ロックやクラブサウンド向きの低音を強化した「ATH-CKS5TW」などユニークな選択肢がほかにもあります。その点、オールラウンドなバランスの良さを備え、誰が使っても飽きが来ないであろうニュートラルなサウンドが楽しめる「ATH-ANC300TW」は万人受けする選択肢と言えそうです。

山本敦

【関連記事】