Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

花澤香菜×前野智昭×小野大輔、乳酸菌の重要性を力説 『はたらく細胞!!』バトルシーンは劇場仕様

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 映画『特別上映版「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』のライブビューイングによる舞台挨拶が9月5日に行われ、監督の小倉宏文、赤血球役の花澤香菜、白血球(好中球)役の前野智昭、キラーT細胞(メモリーT細胞)役の小野大輔が登壇した。  『月刊少年シリウス』(講談社)にて連載中の原作は、人間の体内を舞台とした清水茜のコミック。2015年の連載開始より、その魅力あふれる世界観とキャラクターが人気を博し、2018年にはTVアニメ『はたらく細胞』が放送開始。細胞を擬人化するという設定ながら、キャッチーなキャラクターたちと迫力のある戦闘シーン、丁寧に医学的根拠に基づいた病気のメカニズムが話題となった。2021年1月からはTVアニメ第2期『はたらく細胞!!』の放送が予定されており、本作は、第2期の放送に先駆けた特別編集版となる。  赤血球役の花澤は真っ赤なドレス、白血球役の前野は真っ白なスーツと、それぞれ演じているキャラクターを意識した衣装を着て登場。それを見て「紅白でめでたい! 司会者みたい」と感想を漏らした小野も、キラーT細胞に合わせて黒い衣装でビシッと決めていた。司会を務めたアニプレックス・高橋祐馬に、キラーT細胞役と紹介されると、小野はすかさず「キラ……? メモリーTと呼べー!!」と本編さながらの大きな叫び声を響かせ、気合い十分の様子。  まず小倉監督が、無事に公開初日を迎えられたことについて、「待っていらしたみなさんにとにかく満足してほしいと、それだけを考えてやっていました。映画館に流すものなので、TVシリーズと同じものをそのまま出すことはできないと思ったし、久々に帰ってくるのだから騒がしくしたいと思い、スタッフに迷惑をかけて、見栄えを! 見栄えを! と最後まで叫ばせてもらいました」と語ったが、特別上映用に新規カットを追加、さらに劇場作品ならではの編集がなされていたこともあって、クライマックスではかなり迫力のあるシーンが続く、特別上映版ならではの仕上がりに。  そんな本編映像を観たキャスト陣もかなり熱いものを感じたよう。「赤血球は活躍をする場面がそんなにあったわけではないのですが、体の中を巡り、血小板ちゃんを手助けする役割だったので、しっかりしたお姉さんな赤血球が演じられてうれしかったです。赤血球以外にも今まで出てきたキャラクターの新しい一面が見られる作品でした」と花澤は語る。  前野は、「相変わらずがん細胞はやばいなとハラハラドキドキしましたけど、乳酸菌のかわいさに癒やされて、乳酸菌って、こんなにも人体に良い影響をもたらすんだと勉強にもなりました。見てからすぐ、乳酸菌の食べ物や飲料を買いに走りましたから(笑)」とコメント。  小野は、「来年からTVシリーズとして放送予定なんですが、本当に映画だな!と思いました。乳酸菌のお話とがん細胞との戦いの2本の話が同時進行しながら、複雑に絡まり、ちゃんとそこに意味があるように描かれていて、1本のまとまった物語に仕上がっていたことが素晴らしいなと思いました。前野さんが言った通り、僕も乳酸菌を摂ろうと思ったので、皆さんの健康にも貢献できる、それが『はたらく細胞!!』です!」と力説した。  そして、本作の印象的なシーンについて、花澤は「冒頭の(ウイルス感染細胞から)逃げ回っているシーンは、劇場用のもの、日常感のあるもの、ホラー系のものと、いろいろなバリエーションを録りました。赤血球を表すとき、逃げ回っているところが浮かぶので、これが赤血球なんだなと思って、全力でやらせてもらいました。あとは血小板ちゃんとのシーンは、守りながら行動しているところがお姉さんな感じがして、良かったです」と、頼りになる赤血球が見られて嬉しそうな様子。  「一般細胞(CV.小林裕介)と体中を旅するシーンが多いので、その会話が印象的でした。出会いは一般細胞の家のドア越しなんですけど、そこで怖めな息をアドリブで入れて、やっぱり免疫系は怖い奴らなのかな?と思ってもらうミスリードを狙ったんです。そこからラストにかけて、免疫系も一生懸命体を守っているんだという親近感を育んでいければという思いもあったので、小林裕介くんとの掛け合いは印象に残っています」と、前野は収録を思い出しながらしみじみと語る。  最後は小野が「がん細胞との戦いですね。一言でいうと怖かったです。(第1期で倒した)彼が復活したこと自体が怖いですし、本当に勝てるかな?と思いました。石田さんのお芝居が、より狂気と憂いと寂しさをはらんでいて、この細胞を本当に倒していいのかとすら思いました。葛藤も含めて身につまされる戦いで全部出しきった感覚です」と、ラストのバトルがどれほど激しいものだったのかを伝えた。  このラストのバトルシーンについては、原作からさらに膨らませて表現していったそうで「アニメーションは音が付いてキャラクターが動いてなんぼなので、キャストのみなさんに、あれだけのお芝居を要求したのだから映像の見応えは意識していました。僕個人としては、この作品はバトルが魅力的な部分もあると思っているので、大きなスクリーンでどれくらい盛り上がれるのかは強く意識しながら作っています。みなさんが満足していただければ何よりです」と、監督もクライマックスへの思い入れの強さを語った。  そんなバトルシーンとは対象的に、乳酸菌のかわいさが際立っていたことに関しては、「特別上映版を観ると、より積極的に乳酸菌を摂らなきゃと思います」と重ねて前野が話すと、「プリン体まで食べてくれるんですよね! そこがいいですよね?」と花澤が力説。さらに、そこに小野が「前野くんはハイボール派だけど、僕はビールと魚卵が好きだから、乳酸菌を前野くんより摂らなければいけないと思った(笑)」と加わり、和気あいあいとしたトークを繰り広げる。  そして本作のエンディングには、TVアニメ第2期の主題歌でもある「GO!GO!細胞フェスタ」が流れた。「また名曲が誕生したなと思いました。昨日、この曲を歌い切るまでに油汚れを落とす挑戦をしている夢を見たんです。だから、夢に出てくるほど影響力のある歌だと思いました(笑)」と花澤が楽しそうに話すと、耳に残る曲だし、ついつい口ずさみた くなる曲だと、前野や小野も共感した。

リアルサウンド編集部

【関連記事】