Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海外メディアは、安倍首相辞意をどう報じた?評価した点、達成できなかった点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

朝鮮日報「韓日関係、どの時期より容易ではなかった」との韓国野党コメント

韓国の朝鮮日報は、安倍首相の会見後、日本語のウェブ記事を配信。 今月24日に連続在任日数が2799日になり、歴代最長記録となっていたことなどを報じた。 また別の記事で、日本の次期首相について、韓国の野党第一党、未来統合党が「韓日関係にも前向きな視線で臨む閣僚であってほしい」とコメントしたと報じた。 未来統合党はこの日のブリーフィングで、安倍政権での日韓関係について「これまでのどの時期よりも容易ではなかった」と指摘。今後に関しては「歴史の痛みを認める懺悔と和解の土台の上に、両国間の協力と未来を図る新たな道が開かれるよう希望する」とコメントしたという。 また、韓国青瓦台(大統領府)のカン・ミンソク報道官の「安倍首相の早い快癒を願う」とのコメントも報じた。 報道官は、今後については「わが政府は新しく選出される日本の首相と新しい内閣とも韓日の友好協力関係の増進のため、引き続き協力していく」と述べたという。

新華社「週刊誌は安倍首相が吐血したとも報じた」

中国の国営新華通信もNHKの速報を追う形で28日午後2時半すぎに安倍氏が辞任の意向との記事を配信。 体調不良で病院に繰り返し行っていたことなどを報じ、第一次政権の際も、健康を理由に任期の途中で辞任していたとした。 記事末では、「(日本の)週刊誌は、7月6日に安倍首相が首相執務室で吐血したと報じた」と、日本での報道についても触れた。

【関連記事】