Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和田真久留が地元記念初制覇「無我夢中で踏んだ」/小田原:北条早雲杯争奪

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

<小田原競輪:北条早雲杯争奪戦>G3◇9R S級決勝◇30日  和田真久留(神奈川)が差し切り、地元記念を初制覇した。 【動画】和田真久留が差して2度目の記念制覇を果たした9R  完全優勝&大会V3に王手をかけた地元・郡司浩平(神奈川)に期待が集まった決勝戦。早い仕掛けで先頭に立った松井宏佑(神奈川)が、終始レースをリード。最終2コーナー、捲ってきた吉澤純平(茨城)を郡司がけん制したところ、煽られた吉澤に巻き込まれ佐藤慎太郎(福島)が落車してしまうアクシデントが。最後の直線、番手で脚を溜めていた和田が松井を捕らえ、地元記念タイトルを手にした。郡司は3着での入線だったものの、押上げにより失格。松浦悠士(広島)が3着繰り上げとなった。大本命の郡司が失格になったことで、地元ワンツーながら2車単は29番人気の5-6、1万6210円。3連単は154番人気の5-6-3、11万9160円と高配当になった。  地元記念初制覇となった和田は、「僕は(ライン)3番手の役目をしっかり果たすという意味で、そこだけを集中した。ラインから優勝者を出すという3人の強い思いで走りました。(最終)4コーナーを地元3人で回ってこられて理想の形ではあったが、郡司(浩平)くんの失格は誤算でした。僕は無我夢中で最後に踏んだだけで、結果的に優勝できた形。この4日間は今後の競輪人生にとっても勉強になるような開催でした。地元優勝という形で締めくくれてとても嬉しいです」と喜んだ。

【関連記事】