Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

懐かしの『ラブアタック!』の思い出「知り合いがかぐや姫…」

配信

NEWS ポストセブン

 各局のバラエティ番組が軒並み収録中止となり、過去の総集編を流す状態が続いているが、こんな時に懐かしくなるのは、お笑いの本場・関西発の「伝説のバラエティ番組」の数々だ。

 たとえば今では一般的になった視聴者参加型番組の元祖は、『夫婦善哉』(1963~1972年、朝日放送)、『新婚さんいらっしゃい!』(1971年~、朝日放送)などの恋愛バラエティだった。その後、1970年代は恋愛バラエティ全盛期に。『プロポーズ大作戦』(1973~1985年、朝日放送)、『パンチDEデート』(1973~1984年、関西テレビ)、『ラブアタック!』(1975~1984年、朝日放送)が、“御三家”として人気を博した。

 大阪府在住の会社員(62)は、とくに『ラブアタック!』を欠かさず見ていたと振り返る。

「“アタッカー(男性参加者)”が、“かぐや姫(女性参加者)”にゲームでアピールする。かぐや姫に告白するために、『恋の洗濯痛バサミ』とか『恋のフルコース早食い競争』などバカバカしいゲームを全力でやるのが笑えた。当時は関西の大学に在学中で、知り合いがかぐや姫として出演して驚いたこともあった」

『プロポーズ大作戦』の「フィーリングカップル5vs5」コーナーは、現在でも時折リバイバルされる名物企画となった。

「当時、私は高校生だったのですが、放送を見て、“早く大学生になって合コンしたい”と思ったものです(笑い)。近年でも、芸人さんが『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)で同じ企画をやっているのを見て懐かしくなりました」(兵庫県在住の会社員・58)

 朝日放送プロデューサーだった澤田隆治氏(87)は、素人参加型番組がヒットした理由をこう分析する。

「素人の面白さと、それを引き出す芸人の話術がうまくミックスされたのだと思います。関西の素人さんは面白く、時に作り手がギョッとするような話も飛び出します。逆に、素人がうまく説明できないことを芸人が料理したり、絶妙な合いの手を入れることで、笑いとして成立させたんです」

※週刊ポスト2020年6月5日号

【関連記事】