Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナの影響で生活が苦しいときは、緊急小口資金を利用しましょう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

新型コロナウイルス感染症の影響が深刻になり、生活が苦しくなる世帯も増えてきました。そうした世帯を支援するため、国は「緊急小口資金特例貸付」という制度を策定しました。 収入が減少し困っているという場合は、本記事を参考に申請を検討してみてください。

緊急小口資金特例貸付とは

緊急小口資金特例貸付とは、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少しており、生計維持のために緊急かつ一時的な貸付を必要とする世帯を対象とした制度です(以下「緊急小口資金」とします)。緊急小口資金の利用には、仕事の休業や失職という点までは求められていません。 すでに生活に困窮していたり失業したりしていて、生活の再建が必要であれば、その間の生活資金を借りられる総合支援資金(生活支援費)をご利用ください。

緊急小口資金でいくら借りられる?

緊急小口資金では、最大20万円を借り受けることができます。貸付上限額は原則10万円となっていますが、家族に新型コロナウイルス感染症の罹患者がいる場合や臨時休校した学校に通う子どもの世話を行う必要があるなど、一定の条件を満たす場合には20万円の貸付が受けられます。 その他、特別の事情があると判断されたり、自治体によっては、20万円の貸付となることもあります。

緊急小口資金はどこで借りられるの? お金はいつ手元に届くの?

緊急小口資金を借りるための申請先は、最寄りの社会福祉協議会または労働金庫になります。 申請の方法は、窓口に直接提出する方法と郵送の2種類があります。どちらの方法で申請するべきなのかは申請先の窓口にお問い合わせください。申請すると、おおよそ1週間程度で自身の指定した口座にお金が振り込まれます。

緊急小口資金の申請に必要な書類はどこで手に入れるの?

緊急小口資金の申請に必要な書類は、下記のようなものになります。 ・申請書 ・本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポート、住基カードなど) ・預金通帳 ・印鑑 ・その他、状況によっては追加で書類の提出を求められる可能性があります。 申請書は、最寄りの社会福祉協議会または労働金庫より取得可能です。申請先のホームページや電話での請求、場所によっては窓口で直接配布しているところもありますので、詳細については申請先の窓口にお問い合わせください。

【関連記事】