Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

午前中で3割減らす!悩まず捨てるスピード片付け術

配信

ハルメクWEB

「出す・戻す・処分」の3ステップ

「忙しくて片付ける時間がない」という人におすすめの片付けワザが「部屋を考える会」の岩崎夏海さんが提案する「物を全部出して、必要な物だけ戻す」という方法。捨てるのが苦手、悩んで時間がかかる、そんな人こそスピード片付け術を身につけましょう!

片付けの極意は「捨てる物を探すより必要な物だけ選ぶ」

「物を減らせれば、片付けはほぼ終わったも同然。でも、“物を大切にしなさい”と教わった世代の人にとって、捨てる物を選ぶという作業は思った以上にストレスを感じてしまうもの。嫌々だと進まないし、疲れるものです」と岩崎夏海さん。 「私がおすすめする片付け方法は、部屋の中の物を全部出して、これからの暮らしに必要な物を選ぶこと。これなら、新しい家に引っ越すような前向きな気持ちで、罪悪感を持たずに物が手放せます」 片付けが苦手な人は、少しずつに分けて実行しがちですが、岩崎さんは一気に片付ける方が、結果的にかける時間も労力も少なくてラクだと言います。 「家中一気に片付けるのが理想ですが、難しければ場所を決めて集中して終わらせてしまいましょう。作業に取りかかるのは、頭がすっきりしている午前中がおすすめです」 出す作業は、家族や友人など大人数でやればあっという間に終わります。その後は、選んで戻すだけ。残った物はすべて処分します。 「これなら、出す・戻す・処分と、各作業に集中できるので頭も疲れず、サクサク進みます。午前中だけでも、すっきり片付けられますよ」

手順1:片付ける場所にある物を全部出しましょう

最初に、片付ける場所にある物をすべて出しましょう。ポイントは、服を片付けるならクローゼットなど、スペースの広い収納場所から取り組むこと。スペースができると、後で別の場所を片付けたときに出てきた物を収納できます。 片付けを早く終わらせるためには、何も考えずにとにかく物を出すこと。「残そうかな、捨てようかな」と考えていては時間もかかり、頭も疲れます。奥の物もすべて出しましょう。奥にある、なかなか使っていない物こそ、悩まずに手放すことができます。これらを手放すと、片付けるスピードに弾みがつきます。 スピード片付け術のポイント 何も考えずにとにかく出す 奥の物こそ出す

【関連記事】