Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

得点圏でまた打った!阪神・サンズが15号2ラン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベースボールキング

○ 阪神 5 - 4 巨人 ● <11回戦・甲子園>  阪神のサンズが第15号2ランを放った。  0-0の初回二死三塁の第1打席は、巨人の先発・戸郷翔征、捕手・炭谷銀仁朗のバッテリーの前にインコース攻めに合い、最後はアウトコースのスライダーに空振り三振に倒れた。  ABCラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた下柳剛氏は、「スライダーですね。インコースを責め続けられていたので、意識がインコースにいっていましたね」と解説した。  それでも、2-0の6回無死三塁から戸郷のストレートをバックスクリーンに突き刺す豪快な一発を放った。この本塁打に下柳氏は「数少ない失投を見事に、打ち返しましたね」と評価した。  また、下柳氏はサンズについて「彼がいなかったら、今の阪神はないですよね」と絶賛していた。 (提供=ABCフレッシュアップベースボール)

BASEBALL KING

【関連記事】