Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二階堂ふみ、圧巻の“歌声”に視聴者「鳥肌立った!」<エール>

配信

ザテレビジョン

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。5月29日放送の第45回で記念公演オーディションの最終選考に臨んだ音(二階堂)の歌唱に、視聴者から感動の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】フリルのエプロンスタイルがキュート!カフェーの女給として働く音(二階堂) ■ 「ヴィオレッタの思い、伝わった」 音楽学校の記念公演「椿姫」のヴィオレッタ役をかけた最終審査を控え、“恋愛の機微”を学ぶためカフェーで女給として働いた音(二階堂)。 そこで目の当たりにしたのは、「椿姫」のストーリーを彷彿(ほうふつ)させる希穂子(入山法子)と鉄男(中村蒼)の切ない恋の物語だった。 「俺と一緒に生きてくれねえか」と思いをまっすぐ伝える鉄男に、悲しい嘘をついてまで背を向けた希穂子。恋の終わりを見届けた音は、人の気持ちと行動は時として“あべこべ”になると学んだのだった。 そして迎えた最終審査当日。音は居並ぶ審査員に深く一礼し、「椿姫」のアリア「さようなら 過ぎ去った日々よ」(Addio del passato)を歌い始めた。 今はもう失われてしまったアルフレードとの愛に満ちた日々を振り返るヴィオレッタの心情を切々と歌い上げた音。その姿に視聴者からは「音の歌は心に響いた。伝わるってこういうことなんだ」「聴きほれた」「音ちゃんの歌は希穂子さんとヴィオレッタにシンクロしてた!!」「イタリア語はわからないけど情景が浮かんだ。鳥肌立った!」といった声が飛び交った。 ■ 柴咲コウ、小南満佑子の表現力に「見ごたえあった」 音がヴィオレッタ役を勝ち取ったこの最終審査シーンは、審査員・双浦環を演じた柴咲コウ、そして音のライバル・千鶴子役の小南満佑子の表現力が際立ったシーンでもあった。 二次審査で音に「あなたの歌からは何も伝わらなかった」と厳しい評価を下した環は、見違えるほどの表現力を身につけた音の歌唱をわずかに微笑みながら聴き、歌唱が終わると、余韻に浸るようにそっと目を閉じた。一方、ヴィオレッタ役を競っていた千鶴子はうつむいたまま、静かに敗北感を滲ませた。 3人それぞれの演技力が遺憾なく発揮されたこのシーンに、視聴者からは「セリフがなくても、千鶴子さんの『完敗だ』という思いも、環さんの『やってくれたわね』の思いもしっかり伝わってきた。凄いシーンだったと思う」「柴咲コウ、セリフ無しでも表情で雄弁に語ってた」「千鶴子さんが負けを悟ったシーン、一瞬だけど見ごたえあった」といった賞賛の声が上がっている。 ■ 第10週「響きあう夢」あらすじ 6月1日(月)からは、第10週「響きあう夢」を放送する。 ヒット曲に恵まれない裕一(窪田正孝)は、木枯(野田洋次郎)から売れっ子作詞家の高梨一太郎を紹介される。高梨に見込まれ裕一が作曲した「船頭可愛や」は藤丸(井上希美)の歌でレコードに。しかし廿日市(古田新太)の期待もむなしく全く売れない。一方、音楽学校のオペラ公演に向け、音らは環の指導のもと本番に向けて稽古に励む。(ザテレビジョン)

【関連記事】