Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リヤカーでマスクを売り歩く「マスク売りの少女」その正体は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
bizSPA!フレッシュ

 予断を許さない国内の新型コロナウイルスの流行状況。第2波は“あって当たり前”と考えるべきだろう。では、こうした状況下で「働き方」の視点で考える個人の防衛策としてできることは何か?  ステイホーム期間中、SNSで話題を集めたある新ビジネスがあった。マスク不足で価格が高騰するなか、昔ながらのリヤカーにマスクを積んで売り歩く、「マスク売りの少女」が現れた……というものだ。  まるで移動販売の豆腐屋や焼き芋屋を彷彿させるが、実はこれ「モノクル」というサービス。どこで販売しているのかをツイッターで投稿し、位置情報から客が買いにこられる仕組みになっている。

コロナ時代の隙間ビジネス?「リヤカー販売」

 以前はマスクのほかに人気ゲーム機を販売したこともあり「高額転売なのではないか?」とプチ炎上もしたが、実態はどうなのか。社長の関憲人氏に話を聞いた。 「もともとは別のビジネスを展開していたのですが、新型コロナの影響で本業がピンチになりまして。そこで、苦境を利用してニーズに合うモノ(=マスクやゲーム)を売り歩くことにしたんです。高額転売という声もありますが、実際にはメーカーから正規ルートで仕入れられないので、アマゾンなどで買った高い商品を赤字で販売しているんです。  赤字でも続けるのは宣伝効果狙いです。認知が広まれば今後、ほかのビジネス展開も狙えると思っていまして。これからの季節は熱中症対策グッズも販売しようかと検討中です」  販売員は基本的に女性で、勤務時間の融通が利くことから学生や主婦などが多いという。また、関氏いわく「リヤカー販売はネットとの相性がいい」という思惑で、購入する人にはSNSでの発信をお願いしているそうだ。

一日で、数十箱のマスクが売れる

 実際に販売している光景を見せてもらった。真夏日でうだるような暑さのなか、駅前に止まっている一台のリヤカー。この日はマスク一箱50枚入りで1000円という破格の値段で売っていた。しばらく様子を見ていると、街ゆく人たちがかなりの確率でリヤカーに目を留める。そして足を止めて購入していく人も。  販売員の女性にも話を聞いた。 「見た目からして怪しいですよね(笑)。けど実際に売っていると、一日やった場合、数十箱は売れています。今日も50箱以上売れました。ここは時給1500円の日払い制で、当日に急にシフトに入ることもできるので助かっています。自粛期間中は小学生の息子が休校だったので、一緒に売っていたんです。そうしたらネットで『シングルマザーの子連れ売り子がいる』と話題になっちゃいましたね」  ちなみに関氏いわく「飲食物以外の販売なら『行商』にあたるので、特に道路使用許可は取る必要がない」という。昔ながらのリヤカーとSNSの掛け合わせ。コロナ禍だからこそ思いついたアイデア勝負のビジネスと言えそうだ。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

bizSPA!フレッシュ 編集部

【関連記事】