Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今流行りの「課題解決」は本当に善なのか? 宮野公樹・京都大准教授が語る、現代人の思考の殻を破るヒント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
京都新聞

■「大人のインターンシップ」と「学びの本質」【前編】

自分の職業と異なる仕事を体験する「大人のインターンシップ」という取り組みが今年、京都で始まった。文化人や行政、経済界が一体となって「創造する文化 京都から世界へ」をコンセプトに進める「京都文化力プロジェクト」の一環で、京都大学学際融合教育研究推進センターの宮野公樹准教授が企画を担う。そのねらいについて、宮野先生に話を聞いた。

―「大人のインターンシップ」では、今の自分と異なる仕事を体験し、職業を交換するということですが、ねらいは何ですか? 企画の背景に、文化というものをどう理解するか、というテーマがあります。茶道や華道などいわゆる伝統文化のみが文化にあらず。我々の日常の暮らしにこそ、目に見えない形で文化は潜んでいます。だとすれば、『京都文化力プロジェクト』がコンセプトに掲げる文化の創造、強化とは、我々の「暮らし」に目を向け、それを再評価することでもある。我々自身の暮らしを見直すことで、これまで気づいていなかった文化の存在を感じる。それこそ、本当の文化力の強化であり、言うなれば「学び」に近いものだと考えています。 考えてみれば、能や茶道などの日本の伝統文化も、かつての暮らしに完全に根付いた、いわば当時のポップカルチャーだった面があります。学問の町、学びの都市である京都だからこそ、そのような文化と学びをかけ合わせた事業と相性がいいと考えました。

―京都には数多くの大学がありますが、大学での学びと、大人のインターンシップの学びは、何が違うのでしょう?

学ぶ=「知識を脳に入れること」だと思っている人が多いですが、それは本当の学びではありません。知識を得るのは、そもそも何のためでしょうか? そういうふうに「そもそも」を深く考えていくと、学ぶとは、つまるところ「自分を知ること」となります。自分を知るとは、我が身を振り返り、それまで気づいていなかった自分に気づくことです。 大学での学び、学問とは、この人間、この社会、この時代、この世界、この宇宙における「ほんとうのこと」を学び、そうして獲得する悠久なる視点によって自分自身を振り返るものですが、この『大人のインターンシップ』では、自分を振り返るために、実際に働き暮らす市井の人たちの実体験、異なる生き方、他の仕事を体験して、違う見方で自分のこれまでを見てみる、というのがねらいです。 したがって、『大人のインターンシップ』で大事なのは、単なる職業体験ではなく、その仕事の苦労や苦悩も含めたところまで「生き方」として実感することです。それこそが、本質的な学びなのだと考えます。

【関連記事】