Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

春キャベツは抗ガン作用も!簡単レシピで健康に!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

春の野菜には栄養素がたっぷり!そこで今が旬の「春キャベツ」について、健康効果がより期待できる“200%活用術”と簡単にできるレシピをご紹介します。 春キャベツは、普通のキャベツと比べてビタミンCが1.3倍、βカロテンが3倍含まれています。ビタミンCには、強い抗酸化力があり、肌や身体の老化の原因となる活性酸素を除去する働きや、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。 一方、βカロテンには、肌や粘膜の健康維持や新陳代謝を活発にさせる効果が期待できます。キャベツを刻むと、細胞が潰れてイソチオシアネートいう成分が生まれ、これは抗がん作用が期待できます。 イソチオシアネートを多く摂っている人は、ほとんど摂っていない人に比べてがんの発症リスクがおよそ40%抑えられたという報告も。 胃腸をゲンキにする、キャベツ特有の成分S-メチル・メチオニンは、“天然の胃腸薬”とも呼ばれており、胃酸の分泌抑制や、胃腸の粘膜保護、肝機能の回復などにつながります。 春キャベツを200%活用するには、3つのことに気をつけるのがポイント。 まず、外側の葉を捨てずに調理すること。キャベツの中でも一番ビタミンCを多く含むのが外葉の部分。そのため、捨てずに調理するのが賢い調理法です。柔らかい上部分はサラダなどの生食に、硬い下の葉は加熱調理に使い分けましょう。 次に、水にさらさずに使うこと。キャベツを水にさらすと、ビタミンCがおよそ20%失われてしまいます。そして、最後に細かく刻むこと。これで細胞が潰れて抗がん作用のあるイソチオシアネートが生まれます。 春キャベツを200%活用したレシピは、「春キャベツの塩昆布和え」 用意するのは、キャベツの外葉 8枚・塩昆布 30gの2つだけ。(材料4人分) まず、外葉を太めの千切りにする。そして千切りした外葉と塩昆布をビニール袋に入れてシェイクして30分ほど置いたら完成! この一品で1日分のビタミンCが摂取できます。また料理初心者でも簡単にトライできるレシピです。  (3月15日放送 CBCテレビ「ゲンキの時間」より)

【関連記事】