Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ陽性「報道ステーション」富川悠太アナ味覚・嗅覚異常の症状なし “濃厚接触”徳永有美アナらは自宅待機

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 味覚・嗅覚異常なし―。テレビ朝日は12日、報道番組「報道ステーション」(月曜~金曜午後9時54分)で月曜日から木曜日のメインキャスターを務める同局の富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。現在入院中で、息苦しさは残るが発熱やせき、けん怠感、よく言われる「味覚・嗅覚の異常」などの症状はない。週明け13日からの出演を見合わせるが、代役などは協議中だという。接触した共演者、スタッフに体調の異変は確認されていない。  同局によると、富川アナは在宅勤務の3日と休日の4日の朝、体温が38度まで上昇。平熱に戻ったため6日から9日まで通常出勤して同番組に出演した。しかしこの間、7日の本番中にたんがからむ症状が見られたのに続き、8日以降は息切れがしたり、階段を上ったり早歩きした時に息苦しさを感じ、9日の放送終了後に体調不良を訴えたという。  10日に都内の病院に入院してCT検査を受けたところ、肺炎の症状が確認され、11日にPCR検査を受けて陽性と判定された。新型コロナウイルスをめぐっては、プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(26)やお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が、味やにおいが分かりにくくなる症状を覚えて早い段階から感染を疑ったが、富川アナはこうした異常がなく、PCR検査を受けるのが遅れた恐れもある。  富川アナとともにMCを務める徳永有美アナ(44)をはじめ、濃厚接触が疑われる番組スタッフには自宅待機を指示。同局は「徳永アナの健康状態は良好」としているが、富川アナと同様、13日以降の出演は当面見合わせる。2人の代役のアナウンサーを検討している。  同局では9日にグループ会社の30代女性社員の感染が分かった。富川アナの感染経路は不明で、局内で感染した可能性も否定できない。同番組はキャスターの座席間隔を広く確保したりして過密化防止をアピールしてきたが、さらなる強化策を迫られそうだ。同局は危機感を募らせており「社内および社外への感染拡大防止と番組出演者、業務にあたる社員・スタッフの安全確保に努める」としている。  テレビ各局では新型コロナウイルスの感染を拡大させないためドラマのロケを見合わせたり、バラエティー番組のスタジオ収録や生放送を中止するケースが相次いでいる。一方で報道番組は、社会生活に不可欠な情報を伝えるという使命感から、これまで通りスタジオからの生放送を続けている。  外出や出勤の自粛が広がる中、キャスターやスタッフにさらに感染者が出れば番組の存続にもかかわる。各局はコロナ危機の中でどうニュースを伝えるかという難問に直面している。

【関連記事】