Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界最高のドリブラーは誰だ! サッカー選手ドリブル能力値ランキング1位~5位。メッシの牙城を崩す者は現れるか?(19/20シーズン確定版)

配信

フットボールチャンネル

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月13日時点 【写真】19/20能力値ランキング開幕版の1位~100位はこちら!

5位:フランスの韋駄天

FW:キリアン・ムバッペ(フランス代表/パリ・サンジェルマン) 生年月日:1998年12月20日 市場価格:1億8000万ユーロ(約216億円) 今季リーグ戦成績:20試合出場/18得点6アシスト  ドリブラーランキングの5位にはキリアン・ムバッペがランクインした。16歳のときにモナコでトップチームデビューを果たし、18歳だったシーズンで15ゴールを挙げてリーグ優勝に貢献している。17/18シーズンからはパリ・サンジェルマンでプレーし、18年にはフランス代表をワールドカップ制覇に導いた。21歳ながらその実績はワールドクラスで、代表でもチームでも確固たる地位を築いている。  爆発的なスピードを活かしたドリブルは常に相手の脅威になる。一度、ボールを持った状態で前を向いてしまえば、瞬く間にフィニッシュへと直結する。かと言って相手がムバッペとの間合いを詰めれば、今度はDFラインの裏を取られてしまう。相手にとってみれば厄介極まりないアタッカーである。  今季は負傷で離脱した時期もあったが、20試合で18ゴールを挙げて2年連続で得点王に輝いた。21歳にして世界を代表するドリブラーと呼ぶに相応しい活躍を見せている。

4位:ペップが惚れたレフティー

MF:ベルナルド・シウバ(ポルトガル代表/マンチェスター・シティ) 生年月日:1994年8月10日 市場価格:8000万ユーロ(約96億円) 今季リーグ戦成績:31試合出場/6得点7アシスト  4位にはポルトガル代表をUEFAネーションズリーグ初代王者に導いたベルナルド・シウバが入った。ASモナコでブレイクし、17/18シーズンにマンチェスター・シティに移籍。ペップ・グアルディオラ監督から高い評価を受け、プレミアリーグ連覇を果たしたチームで不動の地位を築いている。  シウバは右サイドからの鋭いカットインを得意としている。視野が広く、左足のキックの精度も高いので、さまざまな選択肢を持つ。カットインからシュートを狙うことも、ファーサイドにピンポイントでクロスを上げることも、ゴール前の味方にパスをつけることもできる。  もともとはウイングでプレーすることが多かったが、シティではインサイドハーフとして起用されることも多く、チャンスメイクの能力も伸ばしている。ドリブラーでありながら、アタッキングサードでのプレーをすべてこなせるオールラウンドな選手と言えるだろう。

【関連記事】