Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

UQモバイル「月額2980円の新料金」が“楽天つぶし“である理由

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

UQコミュニケーションズは5月25日、同社のMVNO(格安SIM)事業「UQ mobile」の新料金プラン「スマホプランR」を発表した。 【全画像をみる】UQモバイル「月額2980円の新料金」が“楽天つぶし“である理由 スマホプランRは月額2980円(税抜、以下同)で、データ容量が月間10GB。10GB以上利用した場合も、最大1Mbpsでの通信が可能。提供開始日は6月1日、5月27日から予約受付を開始する。 例えば、同社が従来から提供する「スマホプランS」の場合、月額1980円で、データ容量は月間3GB。超過時の通信速度が最大300Kbpsと考えると、スマートフォンをより利用するユーザーにとってはおトクなプランだと言える。

ワイモバイル、楽天モバイルを見据えた料金設計

スマホプランRは競合他社と比較してもその価格設定が絶妙なプランだ。例えば、同じく格安SIMを展開するソフトバンクのワイモバイルは、月額2680円で月間3GBの「スマホベーシックプランS」、月額3680円で月間9GBの「スマホベーシックプランM」を提供している。10GB以上を使いたいとなると、さらにその上の月額4680円で月間14GBの「スマホベーシックプランR」のみとなる。 ただし、UQ mobileと比べるとワイモバイルのプランはいずれもやや割高に感じるが、それはワイモバイルの料金には「1回につき10分間通話無料」という“10分かけ放題”の料金が含まれているからだ(UQ mobileの場合、月額700円のオプションとして国内10分かけ放題が利用できる)。 さらに、4月8日からサービスが始まった楽天モバイルと比べてみても、“対抗意識”が見えてくる。楽天の「Rakuten UN-LIMIT」は、スマホプランRと同じく月額2980円で、楽天回線エリアは無制限なものの、都内の地下鉄や郊外など楽天回線エリア外(KDDIローミング)は月間5GB(超過後は最大1Mbps)となっている。 生活範囲が楽天回線エリアであれば当然Rakuten UN-LIMITの方がおトク感があるが、前述のエリア外の場合は同価格で2倍のデータ量が使えるUQ mobileを選ぶ、というユーザーもいるだろう。

【関連記事】