Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【レッドブル・ホンダ】アルボン初表彰台!「表彰台のチャンスを逃してなるものかと火がついた」/F1トスカーナGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1初開催となった第9戦トスカーナGP(13日決勝レース、ムジェロ・サーキット)決勝レースは、最初の9周で2度の多重クラッシュが発生、2度の赤旗中断と大荒れの展開となった。 ●【決勝レース結果】2020年F1第9戦トスカーナGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数 そんな中、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)は自身初、そしてタイ人としても初の表彰台を獲得した。アジア人としては小林可夢偉以来の表彰台となった。 「ここまで来るのは長い道のりだったけど、とてもうれしいよ。常に目指してきたことだったけど、いろいろなことがあってたどり着けなかったから、今日表彰台に立てて特別な思いだ。 このチームに来てからずっとサポートしてくれたことへの恩返しになったのもいいことだし、僕の力を示すことができたと思う。 タフなレースで、簡単ではなかった。このコースは厳しく、特にセクター2では高速コーナーが続くし、何度もリスタートがあり、多くのことに対応しなければならなかった。 グリッドからのスタートに苦戦していたから、アグレッシブにオーバーテイクしていかなければならないと思っていたけど、マシンは本当によかったし、ブレーキングもよかったから、それをアドバンテージとして活かした。 最後のリスタートではポジションを2つ落としたけど、表彰台に立てるチャンスを逃してなるものかと火がつき、3位を目指して激しくプッシュしたんだ。今日の結果はとてもうれしいよ。」

【関連記事】

最終更新:
TopNews