Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ危機の今こそ見るべきパンデミック映画7選

配信

ニューズウィーク日本版

<それでも人生は素晴らしい>

人類ほぼ絶滅という衝撃は『12モンキーズ』と同じだが、この映画がすごいのはここからだ。生き残った人類は南極に自治政府を樹立し、ワクチン開発に成功。他方で、草刈正雄演じる主人公の地震予知学者は、石油採掘の影響で近日中に巨大地震がワシントンを襲うことに気付く。核攻撃だと誤認した米軍の自動報復装置がソ連に対する核攻撃を開始。ソ連側も自動反撃を行い、全面核戦争の放射線で地表は焼き尽くされる。なんと人類は2度消滅するのである。 しかし、絶望は絶望ではなく虚妄だった。核戦争を生き延びた草刈は、ボロボロになりながらも生き残り組と合流する。歓喜に沸く人々に抱かれて彼はこうつぶやく。「Life is wonderful(人生はいいものだ)」と。 人生は素晴らしい。作家のウィリアム・フォークナーが言ったように人は単に耐えるだけでなく、打ち勝つことができる。たとえそれがコロナであっても。その支えの1つになるのが映画だとしたら、それほど素晴らしいことはない。だからこそ映画を見よう。 <本誌2020年5月5日/12日号掲載>

北島純

【関連記事】