Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文政権、自国公務員を見殺し?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Japan In-depth

【まとめ】

・韓国の海洋水産部職員が北朝鮮軍に射殺。 ・職員殺害にも、文大統領は国連での終戦宣言取り下げず。 ・韓国国防部は職員を「越北者(北朝鮮に亡命する人)」と報告。

韓国国防部は9月24日午前11時、9月21日11時30分に失踪が確認されていた韓国海洋水産部職員李さんが、小延坪(しょうヨンピョン)島から38Km離れた北朝鮮の黄海南道登山(トゥンサン)岬で、9月22日15時30分に北朝鮮水産事業所船舶によって発見され、6時間後の21時40分に北朝鮮軍によって射殺され、22時11分に遺体を燃やされたとの衝撃的事実を発表した。 チューブと見られる浮遊物に捕まり約30時間漂流していた李さん(47)を、北朝鮮軍は救助せず、洋上に放置したまま審問を続け、結局6時間後に射殺・焼却するという蛮行を働いた。 この一部始終は、韓国軍の傍聴部隊と米軍の偵察機が監視し続けていたという。韓国軍の消息筋は「韓国軍が集めた情報を米軍の情報と合わせ、パズルを完成させたとみていい」と語った。9月22日夜、北朝鮮軍が李さんの遺体に油をかけて焼く場面は、新型赤外線監視装置を通して把握したと見られる。 1、救助に動かなかった文在寅政権 しかしその間、韓国政府は、北朝鮮とのホットラインや軍の通信ラインが遮断されているとして何もせずに傍観していた。国際商船共通網、国連司令部チャネル、拡声器など、あらゆる手段で北朝鮮と連絡を取ろうとせず、李さんを救出しようとしなかった。 この事態について韓国国防部は、「射撃情報の信憑性の確認に時間がかかった」、「監視および傍受装備が明るみに出ることを怖れた」、「まさか、北朝鮮が丸腰の民間人を射殺するとは思わなかった」「北朝鮮とのすべての通信ラインが遮断されていた」と弁明した。 文在寅大統領は、9月22日18時36分に、李さんの失踪について国防部から書面での報告を受けていたが、文大統領は動かなかった。李さんを無事に韓国に引き渡すよう北朝鮮側に要請できた時間が、少なくとも3時間もあったにも関わらず何もしなかったのだ。 国防部は北朝鮮と通信手段がないと言っていたが、9月25日には北朝鮮の統一戦線部から韓国の国家情報院に通知文が届いており、その前の9月8日には、文大統領の「親書」が金正恩に送られ、その返書が12日に文大統領に伝えられている。韓国国防部と韓国政府は、北朝鮮との通信ラインがないと真っ赤なウソをついていたのだ。 2、文在寅大統領が李さんを見殺し?にした背景 では文在寅政権は、なぜ韓国海洋水産部職員李さんを助けるために動かなかったのだろうか?その背景として考えられるのが、文在寅大統領の国連での映像演説と金正恩との親書交換、そして国防部の「越北者」報告である。

【関連記事】