Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイメイク&ヘアに注目! 最新ランウェイに学ぶビューティートレンド予報

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

この夏は、これまで長く続いたステイホームによるどんより気分を吹き飛ばすような、華やかでいてエッジの効いたビューティアイディアが気になるところ。なかでも注力すべきはアイメイク&ヘア。煌びやかなカラーシャドウ使いからインパクト大のまとめ髪まで、今こそ自分の気分が高まる新しいルックにトライしたい! 2020年秋冬ランウェイでひときわ目を引いたヘアメイク術を参考に、思う存分おしゃれを楽しんで。 出典:VOGUE UK

ゴールドシャドウ(トム・フォード)

久しぶりのデートや特別なお出かけシーンには、ゴールドを基調としたアイメイクでリッチな表情に。大粒ラメがたっぷり入ったアイシャドウを塗ったら、ペンシルライナーで上下のまぶたを囲って。スモーキーテイストに落とし込み、目もとを大人っぽくスパイスアップ。

跳ね上げキャットライン(マーク・ジェイコブス)

オンラインミーティングで存在感をアピールしたいときは、大胆なキャットラインでガールクラッシュなムードにセット。太めのラインを角度をつけて思いっきり跳ね上げて。そのほか、「ヴァレンティノ」のラインウェイではアイラインの上にラインストーンをトッピングするという小技も見られた。

シャーベットカラー(プラバル・グルン)

空&海のようなシャーベットブルーのアイシャドウでアイホール全体をペイントした、爽やかで開放的な目もと。その日のコーディネイトに合わせた色味をチョイスしてファッション×メイクのシンクロを楽しむのも◎。ブラックのアイライナーでフレーム作りをするのも忘れずに。

シースルー バングス(ルイ・ヴィトン)

今季はフリンジ風バングスがトレンド入りの予感。最近ではデュア・リパやロザリアなど、セレブたちもこぞってトライしている。これまで主流だった重めのカットではなく、シースルー感たっぷりに軽やかに整えるのが今の気分。まぶたの真上で切りそろえると、目力がアップ!

三つ編みアップドゥ(フェンディ)

ジム通いを再開したガールにオススメなのが、「フェンディ」のランウェイでキャッチされたアップドゥ。セルフで簡単に再現するなら、ポニーテールを三つ編みにしてお団子にするだけでも◎。仕上げにヘアバンドでスポーティにまとめて完成!

【関連記事】