Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

混乱の予選で泣きっ面に蜂。11番手のルクレール、アタック妨害と赤旗無視で審議対象に

配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1第2戦シュタイアーマルクGP予選でQ2敗退を喫し、11番手となった。しかし、2件のレギュレーション違反があったとして、スチュワードに召喚されたようだ。 【リザルト】F1第2戦シュタイアーマルクGP:予選結果  ルクレールにかけられた疑惑ひとつ目は、赤旗掲示後にすぐにピットに戻らなかったことだ。予選Q1終盤、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がクラッシュした後、コースサイドでマシンを止めた。これにより赤旗が掲示されたが、ルクレールはすぐにピットに戻らず、ラップを完了してしまったようだ。  FIAの規定では、次のように記されている。 『全てのクルマに停止するよう信号が出された場合、すぐに速度を落とし、ゆっくりとピットレーンに戻らなければならない』  赤旗掲示後、ラップを完了したドライバーはルクレールだけではなく、キミ・ライコネン(アルファロメオ)も同様にスチュワードに呼び出されている。  また、ルクレールは予選Q2のターン9~10でダニール・クビアト(アルファタウリ)のアタックを妨害したと疑われているようだ。  他には、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)は予選Q1のターン3で黄旗を無視し、スローダウンしなかった件で審議を受けている。

Jonathan Noble

【関連記事】