Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>佐賀県内、新たに2人感染 鳥栖と小城の男性 29日まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
佐賀新聞

 佐賀県は29日、鳥栖市の20代男性と小城市の60代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。小城市内の感染が増えているとの認識を示し、感染防止を呼び掛けた。県内での感染確認は33日連続で、延べ237人になった。  県は28日に感染が確認された男女6人の概要も説明した。このうち小城市の4人は60代夫婦と、娘の30代女性と女性の息子の園児。夫婦と娘の家族は同居していないが、互いに行き来していたという。園の関係者はいずれも陰性だった。  県と小城市教育委員会によると、60代男性は小城市立小学校の非常勤職員で、27日まで出勤していた。児童の濃厚接触者はおらず、職員3人が検査を受けて陰性と確認された。学校は消毒を終えており、31日から通常通り授業をする。  27日に感染が分かった神埼郡吉野ヶ里町の男の子が通う園では、他の園児や職員らの陰性が確認された。  小城市の状況に関し、県健康増進課の井田政和課長は「非常に危惧している。市中感染が限定的に起こっている可能性は否定しない」と述べ、手洗いやマスク着用などの徹底を呼び掛けた。(円田浩二)

【関連記事】