Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「挑戦しないと後悔する」河本結初めての全英女子オープンへ 単独インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフネットワーク

 20日に開幕する2020年最初の海外女子メジャー「AIG全英女子オープンゴルフ選手権(8月20日~23日/ロイヤルトゥルーンGC/スコットランド)」。今季米国LPGAメンバーとして出場する河本結選手が、CS放送ゴルフネットワークの特別番組「AIG全英女子オープン~8月のシンデレラ~」のなかで単独インタビューに答えました。 【動画】2020年最初のメジャー全米プロ最終日好プレー集 ──渡米後の隔離期間の過ごし方  2週間の隔離中は、ランニングだったり、できることの練習をして調整してきました。朝から夕方までずっとゴルフのことに関連して過ごせていたのが幸せでいっぱいでした。 ──米国に挑戦しようと思ったきっかけ  私がゴルフを始めたきっかけでもあるんですけど、タイガー・ウッズに憧れてプロゴルファーになりたいと思って。小さいころからの夢が世界で通用するプレーヤーになるということだったので、挑戦しないと後悔するなと思ったので。 ──アドバイスや相談を受けた人は  ニューヨーク・ヤンキースで活躍されている田中将大さんだったり、ミネソタ・ツインズの前田健太さんと番組でお会いすることがあって。「安全なところから一歩踏み出す勇気の持ち方」だったりとか、心にジンと来る言葉をかけていただきました。 ──LPGA挑戦に向けて強化したポイント  ひとつはコースマネジメントですね。簡単なセッティング、厳しいセッティングで求められてくるものがかなり変わってきますし、自分のいいショットが結果に結びつかないということをかなり感じたので、イチから勉強し直しました。あとは、簡単なところに外す「ボギーを打たないゴルフ」はどうすればできるのかを考えて、パーを必ず拾えるアプローチだったり、そのためのショット力は磨いてこられたのではないかと思います。 ──今一番の悩み  一番取り組んだのは英会話ですね。英語を話して選手の友達を増やしたいですし、コミュニケーションをとりたいなと思っています。 ─AIG全英女子オープンに向けて  オーストラリアで下が固いコンディション経験はしているので、スコットランドも下がカチカチになると思うので、ウェッジの本数は多く用意して、対応できるようにしたいと思っています。  初めて出場するんですけど、最強のキャディさん(コリン・キャン氏。アニカ・ソレンスタムやポーラ・クリーマーを担いでいたキャディ)も側にいてくれますし、心強いチームメンバーなので、自分に自信をもって試合に挑めるんじゃないかなと思います。

【関連記事】