Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木下ほうかさん コロナ禍の自殺…うまくいっている人ほど絶望するんですよ。不思議じゃないですね

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売新聞(ヨミドクター)

ウェルネスとーく

 数多くのテレビドラマや映画に出演し、ちょっとイヤミな役で人気の個性派俳優、木下ほうかさん。コロナ禍での過ごし方や趣味のバイク、格闘技の魅力などをお聞きしました。最近、著名人の自殺が相次いでいますが、ほうかさんも一時期、「コロナうつ」のような状態になってしまったそう。どう乗り切ったのでしょうか?(聞き手・藤田勝)

2か月半も無職 メルカリにいろんなものを売り出し

――新型コロナウイルスが収束しませんが、もう仕事は以前のように?  今は完璧に戻りましたが、2か月半ほどの間、無職。最初は散歩すらよくないみたいな感じだったので、食べて飲んで寝るの繰り返し。「ちょっとまずいなあ」と思って、自宅にあった縄跳びを始めたんです。縄跳びって、すごく体力を使うんですよ。やり過ぎて、縄跳びが切れたので、アマゾンで注文しようとしたら、売り切れ続出で買えませんでした。  賢い人なら、その期間に資格の勉強をしたり、英会話やったりとかしたと思うけど、ぼくはそんなことはしないし、不安もありました。「まずいな、これ、ずっと続くかも知れない。収入、家賃がやばいな」と思って、メルカリにいろんなものを売り出していました。ぼくたちの仕事は完全な歩合だから、ショービジネスがだめになったら無収入です。最初に復帰できた仕事はバラエティー番組でしたけど、あれはありがたかったですね。 ――ユーチューバーデビューも果たしましたね。  友人のディレクターに、「コロナの今こそ、やるべきです」って、そそのかされてやったんですよ。ぼくが勝手に思いついたことを撮影だけして、編集はやってもらっています。期待したほど見られていないですね。 ――でも趣味のバイクや格闘技など、ドラマでの役柄とはひと味違った一面が見られます。  バイクで1回、当たったんですが、出演作の番宣をやったら、メチャクチャ視聴回数が下がったんですよ(笑)。1回でも下がると、ユーチューブってだめらしいんですよ。人工知能が判断して、検索しても上に来なくなるようで。  だからもう開き直って、不人気でいいからやりたいことをやろうと、自分の献血の様子を撮影したんです。撮影許可もらって、「献血はこんな手続きして、こんなことしますよ」っていうのを。そういうプロセスをほとんどの人は知らないし、映像もないから、ぼくが自分でやったんです。 ――ほうかさんのユーチューブの視聴者はどんな層ですか。  40代、50代の男性のみで、若い人は皆無……らしいです。

【関連記事】