Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初心者大歓迎!「チョーヤ」の梅体験専門店で簡単“梅仕事”やってみませんか?【Writer’s Pick】|Mart

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

5月末~6月になると、スーパーやデパートの青果売り場で梅が売られ始めます。梅酒や梅干しを家庭でつくれるのはこの短い期間だけ。でも、どうやっていいのか、材料や道具はどうしたらいいのか、よくわからなくて何だか難しそうと思っている人もいますよね。今回は梅酒メーカーの「チョーヤ梅酒」が新しくオープンしたお店で、今からできる梅仕事について聞いて見ました。 台湾のエキスパートが案内! ヘルシー台湾スイーツ「豆花」店2選

つくった梅酒や梅シロップをお土産にできる梅体験専門店

6月11日(木)に神奈川県・鎌倉に梅体験専門店「蝶矢」がオープンしました。1号店は京都にあり、2号店として東日本に初出店しました。この施設では、日本古来より続く梅文化を次の世代にも繋げ、世界にも伝えていくことを目的に、気軽に楽しく“梅体験”ができます。

JR・江ノ島電鉄鎌倉駅西口から徒歩1分の路地に佇む「蝶矢」。

産地による差はあるものの、梅の収穫時期は6月の数週間。ですから、自宅での“梅しごと”は季節もの。でも、こちらでは、旬の時期に収穫した梅を急速冷凍し保管しているので、一年じゅう梅酒や梅シロップづくりが体験できます。梅シロップはノンアルコールなので、子どもでも楽しくつくって飲むことができますよ。

組み合わせ次第でつくれる梅酒はなんと100通り以上!

チョーヤ梅酒のこだわりである本格梅酒の材料は梅、砂糖、お酒の3つ。梅シロップは梅と砂糖だけでつくります。ここで体験できるのは、この梅酒と梅シロップづくり。5種類の梅、5種類の砂糖、4種のお酒の中からお好みのものを選んで組み合わせ、100通り以上の中から自分だけの梅酒や梅シロップをつくることができます。素材によって味が変わるのを実感するために、まずは梅シロップを試飲。梅の種類によって香りや風味が違うこと、使う砂糖によっても味わいが変化することをしっかり体感。

つくった梅シロップは持ち帰って約1週間(梅酒は1カ月)で飲めるようになります。

容器のサイズは左からS(1杯分)、M(3杯分)、L(6杯分)。

交互に詰めるだけでOK! 一週間後が待ち遠しい

まずは、つくる量を選びます。S(1杯分)¥1,000~、M(3杯分)¥2,000~、L(6杯分)¥3,000~から選択。梅はフルーティーで桃のような香りの「完熟南高梅」、上品でさっぱりとした「白加賀」、生産者が少なく希少な「有機南高」、南高梅×剣先梅の交配種で市場ではあまり見かけない「NK14」、ほんのり赤みを差した小梅「パープルクイーン」の5種。砂糖は、氷砂糖、こんぺい糖、はちみつ、てんさい糖、有機アガベシロップがあります。試飲をもとに自分の好みの組み合わせを選んで実際につくります。

【関連記事】