Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カワサキ ニンジャ1000SX試乗インプレッション【さらなる電脳化で上質に】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

’17年より国内の正規ラインナップに登場したカワサキ ニンジャ1000が、ユーロ5の対応に伴いモデルチェンジし、車名の末尾に「SX」を加えた。18万7000円アップの実力をチェック! 〈関連写真×9枚〉カワサキ ニンジャ1000SX試乗インプレッション【さらなる電脳化で上質に】

[〇]全てが1ランクアップ。これぞ理想的な進化形

ストリートファイターのZ1000が’10年にスチール→アルミフレームとなり、そのプラットフォームを利用して’11年に誕生したスポーツツアラーがニンジャ1000だ。’17年にスタイリングを一新するとともにIMUを導入。そして、このタイミングで国内の正規ラインナップに加わっている。今回試乗した’20年モデルはユーロ5に対応するためのモデルチェンジだが、さらに装備を豪華にするなど注目に値する1台だ。 〈写真01~02〉【’20 KAWASAKI Ninja1000SX】主要諸元■全長2100 全幅830 全高1190〈1225〉 軸距1440 シート高820(各mm) 車重236kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 141ps[104kW]/10000rpm 11.3kg-m[111Nm]/8000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量19L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ※〈 〉内はハイポジション時 〈写真03〉試乗車は純正アクセサリーのフレームスライダー(1万7710円)を装備。標準装着タイヤはブリヂストンのS20からS22へと進化した。キャスター/トレールは24.5°/102mmから24.0°/98mmへ。車重は1kg増の236kgとなった。 〈写真04〉【’17年型から国内正規導入されたNinja1000】Z1000と同じ’17年にモデルチェンジ。スタイリングを一新しLEDヘッドライトを採用。ニンジャH2やZX-10Rに継いでIMUを導入したことが話題に。このモデルまでマフラーは左右出しとなっていた。●当時価格:129万8000円 1043ccの水冷並列4気筒エンジンは、吸排気系を変更し、電子制御スロットルを新たに採用した。スペック上では最高出力141psは変わらず、最大トルクの発生回転数が7300→8000rpmに変わった程度だが、これが驚くほど上質に進化していた。何より素晴らしいのは回転上昇のスムーズさと、それでいて無味乾燥になっていないフィーリングだ。スロットルを開ければもちろんパワフルで、そこに快感を覚えたのは事実。その一方で、トップ6速100km/hで巡航しているときの、エンジンから伝わる燃焼の整った脈動感も味わい深いのだ。 〈写真05〉1043ccの水冷並列4気筒は電子制御スロットルをはじめクルーズコントロールやクイックシフターを新採用し、カムプロフィールや吸気ファンネル長を見直している。マフラーは左右2本出しから右1本出しとなり、約2kgもの軽量化を達成した。 出力モードはスポーツ、ロード、レインの3種類から選択でき、それに応じてトラクションコントロールの介入度も連動して切り替わる。また、それぞれを任意に設定できるユーザーモードも用意。トラコンの作動はインジケーターの点滅で分かるが、それを見ていなければ気付かないほど介入は自然だ。 ハンドリングも素晴らしい。ニュートラルという表現のお手本のようなセッティングで、微速域でのUターンから高速道路でのレーンチェンジまで実に扱いやすい。さらにサスの動きも優れていて、特に段差舗装を通過したときの路面追従性は電子制御サスペンションに比肩するほどだ。これは標準装着タイヤの進化も大きいだろう。  優れたウインドプロテクションや座り心地のいいシート、操作力の軽いクラッチレバー、実用的な双方向のクイックシフター、そして便利なクルーズコントロールなど、スポーツツアラーとして正常進化した’20年モデル。昨今流行りのアドベンチャーは大きすぎて、という人にもお勧めしたい。 〈写真06〉φ41mm倒立式フォークはダンピングピストンに低速スリットを追加し、リヤと合わせてセッティングを最適化。ブレーキセットに変更はなく、高精度なブレーキマネジメントシステムKIBSも継続採用される。 〈写真07〉ウインドシールドはデザインを変更し、手動による角度調整機構を3→4段階へ。灯火類はオールLEDだ。グラブバーには純正アクセサリーのパニアケースがそのまま装着可能。従来型からはフェアリングも変更されている。 〈写真08〉セパレートハンドルを引き続き採用。メーターは4.3インチTFTカラー液晶に。表示モードはタイプ1と2が選択でき、後者はバンク角まで表示される。さらにスマホとの接続機能であるライディオロジーも搭載している。 〈写真09〉オプションだったグリップヒーターと電源ソケットが標準装備となり、ETC車載器は2.0へ。ワイヤー式のヘルメットロックは左タンデムステップステーに移動し、使い勝手向上。

【関連記事】